宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢2/天秤宮〜魚宮
隔週掲載
2週間分の「星のディレクション」

No.864 / 2024.02.12 〜 02.25

「今週の運勢」は、牡羊宮〜乙女宮、天秤宮〜魚宮を1週間おきに交互に掲載しています。
「太陽サイン」だけでなく「ASC=上昇点」や共鳴星のサイン(宮)などもご参照ください。
※「牡羊宮〜乙女宮」は、「今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮」をご覧ください。


● 隔週日曜日に更新予定です。
※2024年 2月11日アップ


注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
オーブ(許容度数)は、マイナー・アスペクトを除いて太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

【気ままなブログ】
宝瓶宮占星学のクオリアルな観点からの過去・現在・未来のホロスコープ
※ホロスコープや占星学、時事問題、日本の原点などの記事がメインです。


NEW「今週の運勢」の見方」をご参考にアップしました。


今週の傾向

2週間分の週初め〜週中〜週末の傾向
今週(2週間分)は、週が進むにつれて、漸次、いつもの穏やかさを取り戻していくことになります。
とはいえ、お一人ひとりの「こうあるべき」といった思いは、人によって多少異なるものの強まることになり、どこまで口にされるかは状況次第ですが、内面の想いは案外と穏やかとはいかないことも多いでしょう。

概 容
とくに恋愛関係や異性関係など情愛全般は、我知らずとも情動が“増し増し”になっていく今週です。
週末は多少弱まることになりますが倫ならぬ関係はもちろん、異性スキャンダルやハラスメントをはじめ、自分本位の美意識など“我のみ尊し”とするような言動にはご注意が必要になります。

One-Point ◆ 強いて注記しておきますと、SNSなどアクセス数稼ぎのために、ウソかマコトか分からない論拠の薄いミステリーまがいの奇をてらった言説には、書くほうも読むほうもご注意が必要な今週です。

今週の星の動き

今週は13日に火星が水瓶宮に入宮します。
ケレスは魚宮26度の海王星と矩(スクエア=90度)です。
17日には金星が水瓶宮に入宮します。
19日のお昼1時半頃に太陽が魚宮に入宮し、5日後の24日に水星も魚宮に入宮します。
金星&火星&水瓶宮0度の冥王星は、三重合(トリプル・コンジャンクション=0/0/0度)です。
冥王星を除いて今週(2週間分)後半になるほど、牡牛宮9度の木星と矩(スクエア=90度)をとるようになります。
木星は山羊宮3度のケレスと三分(トライン=120度)です。
この三分=120度は、魚宮8度の土星を頂点に小三角(ミニトライン=60/60/120度)を形成します。
牡羊宮18度のドラゴン・ヘッドと天秤宮18度のドラゴン・テールに今週前半は水星が調停(メディエーション=60/120/180度)の座相を投げかけます。
太陽&水星は合(コンジャンクション=0度)で、牡牛宮19度の天王星と今週前半あたりは矩=90度です。
冥王星と魚宮26度の海王星は六分(セクスタイル=60度)です。

One-Point ◆ 金星が水瓶宮に入宮することによって、牡牛宮の天王星との間に交歓(ミューチュアル・リセプション)が形成されます。YOD(ヨッド=60/150/150度)はありません。

新月&満月のトピックスほか

今週は24日土曜日に満月です。
乙女宮の月と魚宮5度の太陽で、ジャストの時間帯は夜9時半ごろです。
雲がなければ、当日の宵闇の訪れとともに“満月”が登りはじめることになります。

One-Point ◆ 第3章「宇宙波動編」の第2部として「新時代のリーディング理論」の掲載を開始いたします。宝瓶宮時代の新しいアストロロジー「宝瓶星学」の論拠をお楽しみください。

《 今週の運勢2/天秤宮〜魚宮 》


【 7.天秤宮 = Sign Libra 】

天秤宮に象意を持つ人は先週までとは一転していきます。
初盤(0〜9度)に象意を持つ人をメインに、今週は天秤宮全体的にも、ふだんの穏やかな天秤宮とは思えないくらい、ご自分でも積極果敢になる方がいらっしゃることでしょう。
今週後半になると、いくらかはしゃぎすぎたかなと思う方もいますが、それでも異性関係を含めて前向きさやパワフルさを継続される方は多くなる今週です。

【 8.蠍宮 = Sign Scorpio 】

蠍宮の前半(〜14度)に象意を持つ人をメインに、後半に象意を持つ人も類似で、これまで維持してきた人間関係や会社組織などとの関係の変化が避けられないときになります。
先週も書きましたように、トップや上司とぶつかるなど、転職や異動なども起こりやすい昨今で、ご自身の今後を根本から見直されていかれるとよいでしょう。
人生スパンでみれば“悪い”という意味ではなく、過去が通用しにくくなるので一からの再スタートを模索されていかれることなどを、お心にとどめていかれるとよいときです。

【 9.射手宮 = Sign Sagittarius 】

射手宮に象意を持つ人は、気ままに前向きに楽天的に進まれることも必要ですが、今週また昨今のように無になられるかのように、ご自身や言動を客観視されることも悪くはありません。
前半に象意を持つ人をメインに、過去の生き方に拘泥せずに新たなご自身の目標を模索されるなど新たな人生サイクルを一から構築されるのも悪くはない今週また昨今の人生期です。
やるべき職務や業務は仕方ないとして、対外的に華々しくご活動されるというよりも、内面性や心性面などプライベートに意識やご関心が向かれたり重視されていくときになっています。

【 10.山羊宮 = Sign Capricorn 】

山羊宮に象意を持つ人は、まじめで慎重だったりシビアに物事をとらえるタイプの方が多いのですが、今週はそんな心性面を捨ててイージーに成り行き任せになったり、無になるなどセルフ・チェックされるのもよいときです。
ご自身の考えを一度脇に置かれて、異なる立場やスタンスからみてみられるのも、現実に即して客観性を持たれる山羊宮には悪くはない時期になっています。
短絡的にみると、自分の考えやスタンスが通じない時期は、不安や焦りが生じますが、それも社会現実で、学びの瞬間だと思えばプラスにできます。

【 11.水瓶宮 = Sign Aquarius 】

水瓶宮に象意を持つ人は、初盤(0〜9度)に象意を持つ人をはじめ全体的にも、異性関係にパワフルだったり、ヘタをすると気づかずに“唯我独尊”的になりやすい今週です。
また、後半(15度〜)に象意を持つ人をメインに全体的にも、必ずしも悪いこととはいえませんが奇をてらったり、世間の標準から外れた独自の考えや思いを持ちやすい今週です。
どなたでも発展途上や成長途上にありますので、上述のような今週の運勢をよい体験やご参考として、内面性など深層の精神意識の成長や発展に活かされるとよいでしょう。

【 12.魚宮 = Sign Pisces 】

魚宮に象意を持つ人は、魚宮のみの運勢をみれば相手や周囲などの影響は当然に受けますが、ご自身のことに意識やご関心をもたれやすい今週になっています。
何度か書いていますように昨今は、初盤(0〜9度)や前半(〜14度)に象意を持つ方は、ご自身をはじめ周囲の現実がシビアにハッキリと見える今週また昨今になっています。
一方、終盤(20〜29度)をはじめ後半(15度〜)に象意を持つ人は、悪いということではありませんが、どこかわれ知らずとも事実誤認をやすい夢見る昨今の人生期です。


One-Point ◆ 今週は総じて異性関係を含めた想いや情動が強まるときです。念のために、羽目を外し過ぎたり パワハラやセクハラをはじめ社会の常識や人倫を超えた言動に気を付けておかれるのもよいでしょう。

*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することが可能です。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2024 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.