宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢2/天秤宮〜魚宮
―新・西洋占星術=宝瓶宮占星学―
星のディレクション

No.522 / 2017.05.01 〜 05.14

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「牡羊宮〜乙女宮」にも該当する方は、「今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮」をご覧ください。


●隔週土曜日に更新予定です。
※2017年 4月29日アップ

今週の傾向と星の動き

全体傾向 ◆ 日米韓の連携のもと、5月初週に米国(中国)が軍事行動を起こして、日本は否応なく平和のために参画をする可能性(星)が一時的にみられます。
最後通牒のメッセージで解決する可能性もなくはないのですが、緊張は今週がピークです。
星の動き ◆ 今週、星の宮移動はありません。
牡羊宮の水星&天王星、獅子宮のドラゴン・ヘッド、射手宮の土星が大三角(グランド・トライン=120度×3)。 なので、水瓶宮のドラゴン・テールを尻尾にトライン・カイト(60/60/120/120)が形成されます。
水星と双子宮の火星は交歓(ミューチュアル・リセプション)で、火星は天秤宮の木星と三分(トライン=120度)、魚宮の海王星と矩(スクエア=90度)です。
ドラゴン・ヘッド&ドラゴン・テールは、双子宮のケレスを軸にT矩(Tスクエア=90/90/180)を形成します。 山羊宮の冥王星は、木星と矩(90度)や、天王星また今週前半の水星とも矩(90度)で、牡牛宮の太陽と三分(120度)です。 牡羊宮の金星はケレスと六分(セクスタイル=60度)です。 月は今週、蟹宮8度〜山羊宮4度をトランシットします。

※今週の「ホロスコープ」は、「宝瓶宮占星学とクオリアルな…」に掲載中です。

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
※ちなみにオーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

《 7.天秤宮 = Sign Libra 》

天秤宮に象意を持つ人は、安易に「何とかなる」と問題を先送りしているうちに、本当にピンチにおちいる今週また今月にならないともかぎりません。
もちろん天秤宮に象意を持つ人の全員がそうなるわけではありませんが、天秤宮らしい温和で調和のとれた平穏さととは、周囲の状況や環境はかなり異っていて、たとえば、天秤宮のみが「いい湯加減」だと思っているうちに、茹で上がってしまうカエル同然にもなりかねない今週です。
心の持ち方や諦観次第では、そこまで極端ではないにしても、自分をとりまく環境変化は、おおむね避けられないといえるときです。

One-Point ◆ 要は、安穏とかまえることが悪いことではないのですが、それが周囲の状況や環境に通用しないケースが生じやすいので、その場合は、自分自身が変わらざるをえない今週です。


《 8.蠍宮 = Sign Scorpio 》

蠍宮に象意を持つ人は、ご自分で気づくか気づかないかはともかくとして、ある意味、宇宙的な運勢によって、見えざる世界や法則とかかわったり、無意識のコンタクトをすることによって、本物の自分を見出していくべき今週です。
具体的な出来事や、仕事など現実社会の出来事がどうこうよりも、数理法則的また精神意識的かつ霊性波動的な傾向が強まる今週にあって、結果、本来の理想の自分自身を見出したり、志向することによって、自己転換をしていく今週前後になっているという意味です。
日常の自分とは異なる世界や側面の大きいディレクションなので、どこまで実感されるかはともかく、形而上的なメンタリティーの影響が強い今週です。

One-Point ◆ 「そんなことはどうでもいい、信じない」と一蹴していただいてもかまわないのですが、ご自身を今一度見つめて、対外的な転換をはかるべき今週になっていることは事実です。

《 9.射手宮 = Sign Sagittarius 》

射手宮に象意を持つ人は、前半に象意を持つか、後半に象意を持つかで、相応に運勢が異なてちく今週だとはいえ、自分らしさをめざして、意識の転換や行動パターンの転換をしていく今週またその前後になっています。
それは、自分らしい才能や個性を社会や、仲間内のサークルなどでいっそう発揮していくための方向転換となるもので、多くの人の場合、5月の初週をピークとして、まずはメンタル面や精神意識面のスキルをもって自己実現や個性や才能の発揮を、否応なくしていくことになります。
射手宮の後半に象意を持つ人の場合、現実面でその傾向がとくに強く“自己発現”期ともなります。

One-Point ◆ 射手宮の前半に象意を持つ人の場合、後半に象意を持つ人ほど現実的ではないとしても、そのぶん精神面やスピリチュアル面でのスキルによる個性発揮の今週となっていきます。


《 10.山羊宮 = Sign Capricorn 》

山羊宮に象意を持つ人で、中盤や終盤に象意を持つ人は、運勢が両極端にもまた両面性をもっていずれにも動くときで、それは生まれもつホロスコープ(出生天球図)や見識や実力によって異なってきます。
ですので、山羊宮だから全体的にどうこうとはいえない昨今ですが、はなばなしく仕事や社会で実力を発揮できる一方で、今ひとつ本気モードになれないなど、両方の可能性がでてくる今週また昨今です。
一方、山羊宮の初盤に象意を持つ人は、同様の傾向がないとはいえないのですが、そこまで運命的に両極端ではなく、まだご自身の力量次第です。

One-Point ◆ 山羊宮に象意を持つ人は、ご自身が自信を持てるだけの能力や実力を備えていると認識するかどうかでも、“運勢”は異なってきますので、それも重要なファクトになっています。


《 11.水瓶宮 = Sign Aquarius 》

水瓶宮に象意を持つ人は、あえて申し上げますと、運勢的には、「忙中、閑あり」ならぬ、反対に“閑中、忙あり”ともいえる今週また今週前後になっています。
同時に昨今は、水瓶宮に象意を持つ全員ではありませんが、大半の方が、なんとなくでもやる気が出たり、実力を発揮しやすかったり、活動的な時期にありますので、やるべきことは今週のうちに済ませておくと、「閑」を楽しむことができます。
昨今の人生期は、気の抜けない“緊迫感”が漂わざるをえない時期にあるとはいえますが、それでも類似の状態が個々まで永く続くと慣れてきて、大半の方が「何とかなる」と考えたり、前向きにも進めます。

One-Point ◆ とくに5月の初週をはじめとした今週は、イメージをはじめとしたメンタル面を働かせて、精神意識を活性化させて想いやビジョンを膨らませ、見果てぬ夢を描くのもよいでしょう。


《 12.魚宮 = Sign Pisces 》

魚宮に象意を持つ人は、魚宮のどこに運勢が働く「ディレクション・ポイント」を持つかで、今週は細かく運勢が異なってくるために、イージーにとらえると混迷や混乱が生じやすいときだといえます。
なので個々に異なりますが、あえて申し挙げますと、意識や思惟がふだんほど明瞭に働かない人も多いために、そのぶん魚宮らしく理論や理屈を超えた直感や感覚など精神的でもって、ご判断されるケースが多くなる今週です。
良いとか悪いとかに関係がないのは、無意識ながら宇宙の奥深い真理につうじ、正しく働けば結果オーライになりますが、観念に流れすぎたり、幻想に惑わされば、実現は不可能になるというだけです。

One-Point ◆ 極論すれば、魚宮にとって実現するかしないかはどちらでもよい面がほかのサイン(宮)よりも多く、要はそのプロセスで自分自身が主観的に幸福がどうかも重要になっています。

*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することも可能です。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2017 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.