宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢2/天秤宮〜魚宮
―新・西洋占星術=宝瓶宮占星学―
第2章:星のディレクション

No.642 / 2019.08.19 〜 09.01

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「牡羊宮〜乙女宮」にも該当する方は、「今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮」をご覧ください。




●隔週土曜日に更新予定です。
※2019年 8月17日アップ

今週の傾向と星の動き

全体傾向 ◆ 潔癖性や完璧性を求める人が多くなる今週です。
全体的にもその傾向が出やすくなりますので、自己主張のしすぎにはご注意しましょう。
星の動き ◆ 今週は、21日に金星が乙女宮に入宮します。
翌々日23日の午後7時頃、太陽も乙女宮に入宮です。
29日には水星も乙女宮に入宮します。
乙女宮の火星&金星&太陽は三重合(トリプル・コンジャンクション=0/0/0度)で、これに水星も加わって乙女宮前半で大会合(ステリウム)が形成されます。
これらは射手宮のケレスと矩(スクエア=90度)で、乙女宮に入宮すると、牡牛宮の天王星と三分(トライン=120度)をとります。
蟹宮のドラゴン・ヘッドと、山羊宮で三重合(トリプル・コンジャンクション=0/0/0度)の土星&冥王星&ドラゴン・テールが衝(オポジション=180度)をとり、これに魚宮の海王星が調停(メディエーション=60/120/180度)の座相を投げかけます。
海王星と射手宮の木星は矩(90度)です。
今週の月は、魚宮29度〜天秤宮9度をトランシットします。

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
オーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

※「宝瓶宮占星学のクオリアルな観点からの過去・現在・未来のホロスコープ
↑ 時事をはじめとしたブログ記事です。

《 7.天秤宮 = Sign Libra 》

天秤宮に象意を持つ人は、ご自分なりの“美意識”や“理想主義”の傾向が強まって、良し悪しはともかく、めずらしく自己主張するか、逆にモヤモヤしたストレスを抱えていくことになりそうな今週です。
ある意味、これまでの生き方や言動の結果が、自分自身に訪れる今週になりますので、それ次第では、ご自身を高く評価されたり、逆に厳しく反省されて「理想の自己像」を描いていくのによいときになります。
昨今は、もともと「組織運営変革の深化」のディレクションが天秤宮の精神面に働いて、出直しと新たなスタートをしていく人生期でもあるためです。

One-Point ◆ 今週の“正解”となる心構えをあえて申し上げますと、ご自分を捨てた無私の境地に立って、そこから過去にとらわれない新しい自分自身や理想像を見出されるとよいでしょう。


《 8.蠍宮 = Sign Scorpio 》

蠍宮の前半に象意を持つ人は、人間関係の変化や組織関係の変化が良し悪しは別として訪れることになる今週です。
今後の人生でご自分らしい独自の才能や個性発揮の“邪魔”となる古い人間関係や会社などの組織関係が切れていくことになりますので、そんな将来に必要な関係を残して、必要以上に未練をもたないほうが結果オーライとなります。
その反面、新しい仲間や“組織”との関係が未来を開くために生まれやすい今週になっていますので、いったい誰がそうなのか、ベスト・フレンドや個性発揮につながる相手を見極めていくとよいでしょう。

One-Point ◆ 逆にいえば、過去の絆と新しい絆のなかで、誰が真の友人であり、今後の独自の個性や才能発揮が可能になる人生の“パートナー”なのか、しっかりとご判断されていくときです。


《 9.射手宮 = Sign Sagittarius 》

射手宮に象意を持つ人は、ご自分らしい独自の才能や個性を発揮したご活躍が可能になる今週になっています。
仕事や対外的な活動で新たな展開が訪れることもあって、無気力や無関心にならないようにされながら、知識や美的センスまた実力を発揮できる活性化した今週を迎えられるよう多忙さにそなえておくとよいでしょう。
そこまでリキまなくても、なかには射手宮らしく“楽観的”なままであっても、また“成り行きまかせ”の対応であっても、今週の「星のディレクション」によって、しぜんと実力発揮が必要な多忙なときになることもありえます。

One-Point ◆ その点では、ヘンに企みをもつくらいなら何もせずに流れにまかせたほうがよく、できれば私心を捨てた社会貢献の気持ちで動いたほうが、仕事運や社会運に反映できる今週です。


《 10.山羊宮 = Sign Capricorn 》

山羊宮の前半に象意を持つ人は、山羊宮らしい生真面目な才能や独自性や実力また個性を発揮していくのによい今週です。
実際、そういった「星のディレクション」を受けていく今週になっていますので、無関心のままだったり、理想を失ったり、慎重なのはまだしも、臆病や保守的になってしまうと、せっかくの山羊宮らしい独創的な運気を逃してしまいます。
今週は社会の現実を見極めつつも、臆せずに“新しい地平”を開いたり、“自分自身”を見出したり、個性を発揮されていくのによいときなので、まずは“自分自身の開拓者”となって、“新境地”に恐れずトライしていくとよいでしょう。

One-Point ◆ 今はそれくらいでちょうどよい山羊宮の前半に象意を持つ人です。後半に象意を持つ人も類似の傾向を受けていますので、思い切って“自己変革”をされるのによい時期です。


《 11.水瓶宮 = Sign Aquarius 》

水瓶宮に象意を持つ人は、“地が出やすくなる”といえば分かりやすいと存じますが、深層の精神意識や生まれもつ性質また性格が出やすい今週です。
それは、良し悪しに関係なく、無私の心で客観的にとらえてみて、“ホンネ”というか“隠された本心”というか、ご自身の無自覚な内面の精神意識の現状がどうなのか、おしはかってみられるとよいでしょう。
それによっては、思い切った“自己変革”に向かってみたり、高尚でハイレベルな「自分自身」を目指して、新たな内面性をもった自分自身をみつめて人生の再スタートを試みるときです。

One-Point ◆ 同じ水瓶宮でも人それぞれに異なる才能や内面性をもたれていますので、水瓶宮の前半に象意を持つ人は、とくに“本来の自分自身”を意識されていかれるとよい今週です。


《 12.魚宮 = Sign Pisces 》

魚宮に象意を持つ人は、前半に象意を持つ人をはじめとして、これまで内面性やプライベートに意識やご関心をもたれてきた時期から、対外的な活動や仕事をはじめとした社会的な責任使命を意識されていくときです。
昨今は無意識のうちに“理想”や“空想”また“幻想”に流れる傾向があって、現実がどうにも目に入りにくくなっているケースが散見できる状態にあるときです。
見聞を広めるにはそれでもいいのですが、行き過ぎると事実誤認によるミスも起こりやすいので、今週はそういった“形而上的”な世界から、地に足をつけた方向へへとご自身を“シフト・チェンジ”されていかれるとよいでしょう。

One-Point ◆ ご自分を客観視されてみたり、相応の自己否定といった無私の精神をもたれてみると、いっそう明確に把握できると存じますので、そうなるほど後日のご活躍が可能になります。

*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することもあります。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2019 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.