宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢2/天秤宮〜魚宮
―新・西洋占星術=宝瓶宮占星学―
第2章:星のディレクション

No.606 / 2018.12.10 〜 12.23

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「牡羊宮〜乙女宮」にも該当する方は、「今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮」をご覧ください。



●隔週土曜日に更新予定です。
※2018年12月 8日アップ

今週の傾向と星の動き

全体傾向 ◆ “有名無実”をふまえた論争が激化する今週です。
ただし現実は変えられませんので、それが時代の変革を生んでいくことになります。
星の動き ◆ 今週は、13日に水星が射手宮に入宮します。
22日の朝7時半頃、太陽が山羊宮に入宮です
太陽は、牡羊宮の天王星と三分(トライン=120度)で、山羊宮入宮まで魚宮の火星と矩(スクエア=90度)です。
天王星は、蟹宮のドラゴン・ヘッド&山羊宮のドラゴン・テールの軸となって、T矩(Tスクエア=90/90/180度)を形成します。
火星は、蠍宮のケレスと三分(120度)で、山羊宮の冥王星を頂点に小三角(ミニトライン=60/60/120度)を形成し、今週中頃まで魚宮の海王星と合(コンジャンクション=0度)です。
海王星は、蠍宮の金星&ケレスの合(0度)と三分(120度)で、山羊宮の土星を頂点に小三角(60/60/120度)を形成し、さらに水星と合(0度)の射手宮の木星と矩(90度)です。
今週の月は、山羊宮13度〜蟹宮13度をトランシットします。

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
オーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

※「宝瓶宮占星学のクオリアルな観点からの過去・現在・未来のホロスコープ
↑ 時事をはじめとしたブログ記事です。

《 7.天秤宮 = Sign Libra 》

天秤宮に象意を持つ人は、「恋愛異性運」を生まれもつかたほど、良し悪しはともかく、職場や社会での異性関係が活性化する今週です。
また、「仕事運」を生まれもつかたは、トラブルの調整能力をふくめて、職場での実力発揮が可能ですし、もし「異性運」があれば、上司や実力者などからのひいきや引き立てがありえる今週です。
結果的に、そのことが“ご結婚”をふくめた“新たな人生のスタート”といった人生上の大変革につながっていくかたがいないともいえない今週また昨今の、転換的な“運命期”となっています。

One-Point ◆ 一方、恋愛運や社会運をさほど強くは生まれもたれていないというかたの場合は、見込み違いや期待はずれによる失恋や破局など、人生のやり直しが起こりえる昨今です。


《 8.蠍宮 = Sign Scorpio 》

蠍宮に象意を持つ人は、おおむねながら、“恋愛気運”が高まるとともに、生まれもつ運勢によっては、理想的と感じる異性との出会いや関係が生じていく可能性が高い今週また昨今です。
ただし、相性次第では、イージーな“勘違い”というケースもありえる昨今なので、うまく進むかどうかは、ケース・バイ・ケースのときです。
そういった異性関係をふくめて、なにかと自分自身の「意識」や「人生」を変える出来事が起こりやすい今週また昨今の運勢期となっていますので、異性関係にかぎらず、地に足をつけた自我意識が必要です。

One-Point ◆ 強い願望や想いをもつことは、人生の“パワー”になりますが、その一方で、実現可能な現実面や実力面を見失うと、悪いわけではありませんが、大失態をまねきかねない時期です。

《 9.射手宮 = Sign Sagittarius 》

射手宮に象意を持つ人は、仕事運や社会運がない時期ではないので、それらを生まれもつかたほどご活躍は可能ですが、どちらかというと、プライベートな面や精神意識面のほうが活発化していく今週また昨今です。
もともと、“安易”で“楽天的”なかたが多い射手宮なので、昨今はなにかと課題や問題があったとしても、だいたいは気にならず、「なんとかなるさ」と前向きにとらえていくことができるときです。
実際、生まれもつ運勢がよく、実力もあれば、なんとかなっていきますが、そうでない場合は、お気楽なのはよいとしても、対処は考えなければなりません。

One-Point ◆ ただ、上述いたしましたように、社会で対外的にご活躍される時期というよりも、内面の精神的な学びや企画発案期の昨今なので、その点ではあせらずに力を蓄えるべき今週です。


《 10.山羊宮 = Sign Capricorn 》

山羊宮に象意を持つ人は、生まれもつ象意のポイントによって多少、強さが異なりますが、全体的にいえば、異性関係をふくめて対人関係が直接間接を問わず活発化したり大きな変化をともなっていくときです。
もともと、そういった「異性運」や「対人運」を生まれもたれるかたほど、それが動き出していく「星のディレクション」の今週です。
ただし、昨今の異性運や人間関係運は、若干の“期待はずれ”や“裏切り”また“失望”といった要素がふくまれなくはありませんので、そこは生まれもつ山羊宮の“慎重”さや誤魔化すことなく“現実”をとらえる意志やご判断によってカバーされるとよいでしょう。

One-Point ◆ 一方、山羊宮の終盤に象意を持つ人は、ご自身の見直しが必要な“転換期”にあるかたが多いので、上述よりも、まずは“自分自身”の確立をされていくことが重要なときです。


《 11.水瓶宮 = Sign Aquarius 》

水瓶宮に象意を持つ人は、終盤に象意を持つ人は相応なのでともかくとして、中盤や初盤に象意を持つ人は、仕事運をはじめ対外的な人気運や恋愛気運が高まっていくことになる今週です。
ただし、両極端になる星が働いていますので、閑散期から急に繁忙期になったり、逆に疎遠になることをふくめて、これまでとは正反対の動きがでることになるとはいえない側面もありますので、ご自分の運勢や現状からご判断ください。
さらに申し上げますと、水瓶宮の初盤やとくに最初のほうに象意を持つ人ほど、場合によっては内にこもりやすい時期となっています。

One-Point ◆ 多くの場合、昨今はそんなご体験をされて、逆にご自分らしさを見出し、再出発をされていくかたが多いので、まだそこまでではないかたの場合は、ご自分を見つめるべき今週です。


《 12.魚宮 = Sign Pisces 》

魚宮に象意を持つ人は、全員ではありませんが、魚宮の象意をより強く生まれもたれるかたほど“好調期”となる今週です。
たとえば、生まれもつ運勢次第によって、仕事の“発展期”や“拡張期”となるかたがいらっしゃいますし、恋愛気運とともに“人気運”や“異性運”が高まっていくことになるかたもいらっしゃる今週また昨今です。
さらに申し上げますと、良し悪しはともかく、対人関係や組織活動が活発化する一方で、逆に、大きく変化したり大転換をする方向に活性化していくといった“驚天動地”の情況に直面していくことも起こりえる昨今です。

One-Point ◆ 魚宮である以上、多かれ少なかれ上述のような運勢を受けますが、もし、さほどでもないというかたの場合は、魚宮以外に生まれもつ「運勢サイン(宮)」のほうが強いタイプです。

*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することもあります。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2018 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.