宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮
交互に隔週掲載
2週間分の「星のディレクション」

No.739 / 2021.09.20 〜 10.03

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「天秤宮〜魚宮」にも該当する方は、「今週の運勢2/天秤宮〜魚宮」をご覧ください。



萩の花の咲く秋に食べる「おはぎ」。


●隔週日曜日に更新予定です。
※2021年 9月19日アップ

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
オーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

【気ままなブログ】
宝瓶宮占星学のクオリアルな観点からの過去・現在・未来のホロスコープ

ホロスコープや占星学、時事問題、日本の原点などの記事がメインです。

今週の傾向

週初め〜週中〜週末にかけて
いずれも2週間分ですが、先週、今週、来週と、大きなアスペクト変化は見られません。
動きの早い月を除き、太陽、水星、金星、火星のパーソナル・プラネットが活性化している昨今なので、個々人の「やる気」や「動き」は、一部のサイン(宮)を除いて、活発になっています。

概 容
ただし、どこまでオモテに出すかは今週は微妙で、内面的な想いややる気にとどまる人もいます。 それでも、考えや知性またアイデアは出やすくなるのが今週で、また異性問題などの「スキャンダル」をはじめ恋愛幻想も高まる今週です。 さらには、アクティブなやる気のともないますが、一方でそれがどこまで現実的な行動力となって現われるかは、今は様子見の人も多いでしょう 。

One-Point ◆ 結局、内面の構想や考えまた想いなど異性関係をはじめとした情動や交流は高いものの、実際的にはセーブ気味や慎重になって動けなかったり、抑制する側面もみられますが、ポテンシャルは高いのでイザという事態が生じれば一気に現実が動き出すこともありえる今週です。

今週の星の動き

今週は23日朝5時ごろに太陽が天秤宮に救急します。
太陽は天秤宮の火星と合(コンジャンクション=0度)で、両星は水瓶宮の土星、また双子宮のドラゴン・ヘッド&月&ケレスと大三角(グランド・トライン=120度×3)を形成します。
当然、射手宮のドラゴン・テールを尻尾としたトライン・カイト(60・60・120・120)が形成されます。
太陽はまた、天秤宮入宮直後まで山羊宮の冥王星とも三分(120度)です。
冥王星は天秤宮の水星と矩(スクエア=90度)で、水星は水瓶宮の木星と三分(120度)です。
蠍宮の金星は、牡牛宮の天王星と衝(180度)で、魚宮の海王星が調停(メディエーション=60・120・180)の座相を投げかけます。 一方で、金星は今週後半の木星と矩(90度)をとりはじめめます。


One-Point ◆ 星の動きによるアスペクトは、先週、つまり本日19日日曜までとさほど大きな変化はみられません。天秤宮入宮直後の太陽が、それまでの魚宮の海王星との衝(180度)また山羊宮の冥王星との三分(トライン=120度)を解消するくらいです。

《 今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮 》

【 1.牡羊宮 = Sign Aries 】

牡羊宮は、今後、仕事や社会で自分自身の使命や責任を考え、どう動き、果たしていこうかといった意識や行動の転換が起きる今週また昨今です。
それが、どこまで高まり、現実化していくかは、人によって異なりますが、お棺宮の後半に象意を持つ人は、気づかないうちに「考え違い」など意識のズレが、社会やトップクラスの人物と生じていないか、ご注意も必要です。

【 2.牡牛宮 = Sign Taurus 】

牡牛宮の最初のほうや最後のほうを除いて中央部分に象意をもつ大半のかたは、ご自身の「理想」や「生き方」を考え直したり見直すなど、人生の方向性の転換期となる今週また昨今です。
今週は、不倫の恋も恋は恋ではありませんが、そういったケースをふくめて、「恋愛幻想」や「恋愛モード」が溜まりやすいので、行動は慎重なほうがよいときです。

【 3.双子宮 = Sign Gemini 】

双子宮に象意を持つ人は、ふだんなら頭の回転も早く活性化する今週なので、パワーアップできるのですが、それはよほどの事態が起きた場合で、基本的にはセーブ傾向の今週です。
というか、頭では分かっていても、今イチ心や情動がともなわず、控えめや慎重になって動きづらいかたがいそうです。

【 4.蟹 宮 = Sign Canser 】

蟹宮に象意を持つ人は、今週全体をつうじてではありませんが、ご自身の想いとは異なる出来事が生じやすく、「パワーダウン」の日も多いでしょう。
ただし、「異性関係」は例外で「勘違い」や「恋愛妄想」をはじめ、良し悪しはともかく、活発化もありえる今週中頃以降です。

【 5.獅子宮 = Sign Leo 】

獅子宮に象意を持つ人は、たとえば「やる気」があっても用心ぶかく慎重にかまえて「動きづらい」もしくは「抑制」されることになる今週また昨今になりそうです。
ただし、ふだんは寝そべって体力温存をはかる獅子ですが、獲物を見つけたり、いったん火急の事態が生じれば、プルパワーで現実目的を達成できる今週です。

【 6.乙女宮 = Sign Virgo 】

乙女宮に象意を持つ人は、仕事や社会活動に無欲でいることが、逆に「実力発揮」の機会や「社会的栄達」を得るなど地位アップにつながる今週また昨今です。
それはそれでいいのですが、今週は目がハートになるなど、「異性への情動」や勘違いをふくめた「恋愛妄想」を抱きやすいので、よく現実をみて対処されるとよいでしょう。


One-Point ◆ 今週の「獅子宮」は総裁選に立候補した岸田文雄前政調会長に該当しそうです。今週の投開票日29日(水)までにポテンシャル(潜在力)発揮となれば勝てますが、逆に存在を示せないこともあり、可能性は五分五分です。


*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することが可能です。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2021 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.