宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮
―新・西洋占星術=宝瓶宮占星学―
第2章:星のディレクション

No.715 / 2021.01.11 〜 01.24

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「天秤宮〜魚宮」にも該当する方は、「今週の運勢2/天秤宮〜魚宮」をご覧ください。



寒いときほど星はキレイに輝く


●隔週土曜日に更新予定です。
※2021年 1月 9日アップ

今週の傾向と星の動き

全体傾向 ◆ 今週は、大きく2つに分かれて水面下をふくめ主張や対立が行なわれ、“新たなスタート”が図られるときです。
たとえていえば、「神武東征の出発」に似た“星まわり”だといえます。
星の動き ◆ 今週は、14日に天王星が牡牛宮6度で順行に戻ります。
20日の朝6時ごろ、太陽が水瓶宮に入宮します。
太陽は、山羊宮の冥王星&水瓶宮の土星&木星また水星と順次、複合合(マルチプル・コンジャンクション=0度)を形成し、13日〜15日は月もこれに加わって、6つもの星による複合合(0度)が形成されます。
このうち水瓶宮の星たちは、牡牛宮の火星&天王星と矩(スクエア=90度)をとります。
火星&天王星は今週前半、山羊宮の金星と三分(トライン=120度)です。
双子宮のドラゴン・ヘッドと射手宮のドラゴン・テールは、魚宮の海王星&ケレスの合(0度)を軸にT矩(Tスクエア=90/90/180度)を形成します。
月は今週、射手宮16度〜双子宮15度をトランシットします。

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
オーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

【気ままなブログ】
宝瓶宮占星学のクオリアルな観点からの過去・現在・未来のホロスコープ

ホロスコープや占星学、時事問題、日本の原点などの記事がメインです。

《 1.牡羊宮 = Sign Aries 》

「牡羊宮」の初盤また中盤に象意を持つ人は、「恋愛異性運」を生まれもつかたほど“モテ期”となるでしょう。
終盤に象意を持つ人もその傾向はあるのですが、意外な異性からの告白や関係性はよいとしても、“倫ならぬ恋”や“違法な異性関係”に気をつけないと、今週また昨今はトラブルぶくみの可能性があるときです。
とくに牡羊宮の後半に象意を持つ人ほど、組織や部署の長など“リーダー”の立場に就く人生期にありますが、それゆえ今週は“セクハラ”をはじめとした異性関係をクリアにしておかないと、社会的な立場を一気に失うことが起こりえます。

One-Point ◆ “個性や才能”また“独自性”をはじめ“理想の自己像”や“目標”が強まる今週なので、社会的には節度や分別を心掛けるなど、“調和”や“バランス”をとられるとよいときです。

《 2.牡牛宮 = Sign Taurus 》

「牡牛宮」の前半に象意を持つ人は、ご自分らしい独自性ややる気また美意識が高まる今週です。
そういうこともあって地道に努力をされてこられたかたほど、個性や実直な歩みや独自の才能が認められて、社会的な地位や立場がアップしたり、思わぬ昇進が起きてもおかしくない今週また昨今になります。
牡牛宮の後半に象意を持つ人は、もう少し先に昇進や地位のアップが起こりそうですが、それでも、これまで培ってきた知識や技術などのスキルが仕事や対外的な社会活動の場で活かされる今週です。

One-Point ◆ 社会的な活動期となる人生期が訪れていますので、運勢が良いときほど恋愛はともかく、“倫ならぬ関係”にご注意をされて、謙虚でおごらずにいたほうが運勢維持は可能です。

《 3.双子宮 = Sign Gemini 》

「双子宮」に象意を持つ人は、たとえ“ピンチ”でも双子宮らしい機転や情報力で切り抜けられる今週です。
双子宮の前半に象意を持つ人をはじめとして、イージーで前向きさも、逆に現実をみた慎重で用心深さも、その両方を適宜適切に発揮できる柔軟な見識やご判断力をもって発揮されるとよい今週です。
“幻想”や“空想”など観念的な理想論に流れすぎると、課題や問題が生じる昨今なので、ご自分とは異なる相手の立場や思考を客観的にとらえて、誤魔化すことなく対処されるとよい今週になっています。

One-Point ◆ 相手や状況に応じて“悲観的”になったり“楽観的”になったり、最悪は混乱することがありますので、お得意の知性や情報力を活かされて、柔軟に対処されるとよいでしょう。

《 4.蟹宮 = Sign Canser 》

「蟹宮」に象意を持つ人は、仕事や社会など意識やご関心が対外的な方向にむきやすい今週です。
“デリケート”なかたほど今週は社会の状況変化に影響されやすく、良し悪しはともかくいろんな心境の変化を体験され味わうことが起こりえますので、正しい情報をキャッチできるようアンテナを広げておきましょう。
「アメリカ大統領選挙」ではありませんが、オモテの報道と、実際の現状や事実は異なることが多いときで、それぞれの考えや立場から自己主張をしやすい時期なので、蟹宮がお得意の“感受性”を発揮されるとよいかもしれません。

One-Point ◆ デリケートな感性は活かすべきですが、一方的に流されるといずれ問題が起きますので、今週の運勢にそって客観的な知識や情報から“事実”の裏付けをえるとよいでしょう。

《 5.獅子宮 = Sign Leo 》

「獅子宮」に象意を持つ人は、恋愛をはじめとした異性関係や人間関係に動きがでやすい今週です。
仕事や職場での活動期でもあり、また実力発揮が可能な時期に入っていますので、“英雄色を好む”ではありませんが、“恋愛”をはじめ、“倫ならぬ恋”をふくむ異性関係もまた職場や社会で活性化しやすいでしょう。
正常な異性関係ならよいのですが、もしパートナーシップを損なうような関係性の場合、昨今は“人生上の転換期”にありますので、場合によっては過去の関係を捨てて仕事にまい進せざるをえない事態が生じるでしょう。

One-Point ◆ 獅子宮の前半に象意を持つ人ほどとくにその傾向が強く、獅子宮全体的にも“両極端”に運勢がわかれやすい人生期なので、良くも悪しくもご自分次第の運勢といえる今週です。

《 6.乙女宮 = Sign Virgo 》

「乙女宮」に象意を持つ人は、ご自身の“完璧”なる「パーソナル・パワー」を発揮しやすくなる今週です。
意外な人気運がでたり異性運が高まるなど、“恋愛モード”や“不倫の恋も恋は恋”といった世間の常識を超えた関係性も起こらなくはない今週なので、乙女宮らしくない出来事には気をつけられるとよいでしょう。
“ハニートラップ”などは、一般人の場合、縁がないと存じますが、心当たりがある場合は、ご自身の言動を客観視されたり、律しておかないと、安易になられた場合、深刻な現実に直面することが起こりうる今週また昨今です。

One-Point ◆ 今週は、乙女宮らしい完璧な知識やスキルを発揮されて、仕事や対社会的にご活躍できますので、善意で信じすぎるなど、“知人”に裏切られないようにされることも必要です。


*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することが可能です。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2020 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.