宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮
―新・西洋占星術=宝瓶宮占星学―
第2章:星のディレクション

No.605 / 2018.12.03 〜 12.16

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「天秤宮〜魚宮」にも該当する方は、「今週の運勢2/天秤宮〜魚宮」をご覧ください。



●隔週土曜日に更新予定です。
※2018年12月 1日アップ

今週の傾向と星の動き

全体傾向 ◆ 宗教をふくめた過激思想の策動や、見えざるサイバーテロの動きに注意が必要な今週です。
今週後半や週末から次週にかけて一気に動きが出そうです。
星の動き ◆ 今週は、3日に金星が蠍宮に入宮します。
逆行中の水星は、6日に蠍宮28度で順行に戻り、13日には射手宮に入宮します。
金星は今週前半、牡羊宮の天王星と衝(オポジション=180度)で、蟹宮のドラゴン・ヘッド&山羊宮のドラゴン・テールを交えて、大十字(グランド・クロス=90度×4)を形成します。
このドラゴンヘッド&テールには、水星が調停(メディエーション=60/120/180度)の座相を投げかけます。
蠍宮のケレスと、魚宮の火星&海王星の合(0度)とが三分(120度)で、山羊宮の土星を頂点に小三角(ミニトライン=60/60/120度)を形成します。
火星&海王星は、射手宮の太陽と矩(スクエア=90度)です。
射手宮の木星と山羊宮の冥王星はノーアスペクトです。
月は今週、天秤宮13度〜牡羊宮7度をトランシットします。

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
オーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

※「宝瓶宮占星学のクオリアルな観点からの過去・現在・未来のホロスコープ
↑ 時事をはじめとしたブログ記事です。

《 1.牡羊宮 = Sign Aries 》

牡羊宮に象意を持つ人は、実力や見識があるほど、仕事をはじめとした社会的な活動期になっています。
とくに、これまでの人生や歩みで着実に成長してきたり、実績を築いてきたり、そうでなくても着々と計画を進めてこられたかたほど、その成果が実っていく今週であり、また先月や今月になっています。
逆パターンでは、ご自分では気づかなくても“実現不可能”な夢や妄想を描いてこられて、地に足をつけた努力をさほどされてこなかった人ほど、きびしい現実に直面しかねない時期だといえます。

One-Point ◆ その場合、ご自身を見つめ直して、地に足を着けていくキッカケのときになります。また、終盤や最後のほうに象意を持つ人は、異性関係には“慎重”であるべき今週また昨今です。

《 2.牡牛宮 = Sign Taurus 》

牡牛宮に象意を持つ人は、端的にいえば、倫(みち)ならぬ異性関係をはじめとして、そういった異性をふくめてパートナーや周囲への失望や、人間関係の破局などにも注意が必要な今週です。
とくに、牡牛宮の初盤に象意を持つ人は、良し悪しはともかく異性関係をふくめた人間関係が錯綜するなど、課題が生じやすい時期なので、それらに振り回されすぎすに“本当の自分”を見いだしていくとよいときです。
また、牡牛宮に象意を持つ人のなかには、現実をみた野望や大志を控えめながら、抱かれる人がいる昨今の人生期です。

One-Point ◆ 牡牛宮の初盤に象意を持つ人をのぞいて、直接的なディレクションはさほど強くない今週なので、念のために牡牛宮以外に生まれもつ「運勢サイン(宮)」をご参照ください。

《 3.双子宮 = Sign Gemini 》

双子宮に象意を持つ人は、パートナーや周囲との関係など、対人関係が良し悪しはともかく重要になる今週です。
というか、ハイレベルな人との出会いや関係性をふくめて、周囲の事情や環境に振り回されやすい昨今にありますので、ご自分を見失わず、また、イージーになりすぎないことが必要な今週です。
一方で、若干の勘違いや思い込みをふくめて、仕事や対外的な活動期にある昨今や今月なので、慎重さはもちろん、充分な自制心や高潔な精神性をもって取り組んでいかれるとよい時期になっていきます。

One-Point ◆ 状況によっては、敵対心や対抗意識が高まる今週になりますので、“負けず嫌い”はよいとしても、「実戦」の場合は、ほんとうに勝ち目があるのか、よく見極めなければなりません。

《 4.蟹宮 = Sign Canser 》

蟹宮に象意を持つ人は、たとえいろいろと課題や問題があろうとも、よい意味で“転換期”となっている昨今の人生期です。
自我意識を高めつつ、これまで培ってきた知識やスキルなどの能力を、さらに飛躍させていかれるとよく、そういった“自己向上”の意味で、将来を見据えた“転換期”となっているということです。
とくに今週は、対人関係をはじめ、周囲の事情や環境の変化を敏感に見極めつつ、臨機応変に対処されていかれるとよく、継承すべきものは継承しつつも、だいたんに変革していくべきものは、過去にとらわれずに大変革をしていかなければなりません。

One-Point ◆ 自分自身は変わっていないように思えても、パートナーをはじめ周囲の事情や環境は、あんがいと大きく変わっているときなので、そこは現実をみて客観的にとらえていくべきです。

《 5.獅子宮 = Sign Leo 》

獅子宮に象意を持つ人は、前向きになれる今週だったり、またご自身に意識を持たれて、起死回生を図ろうとされる昨今でもあり、“カラ回り”になることに注意すれば、相応に成果を出していくことは可能なときです。
ただし、獅子宮に象意を持つ人のなかには、昨今の状況に無気力になられたり、見果てぬ夢をえがいて、ご自分と乖離されておられるかたがいないとは言い切れないときなので、そこは現実をしっかりと見ていくスキルが必要です。
とにもかくにも、自我意識を高めつつ、現実にそったかつてない本物の知識やスキルを身にけていかれるとよい人生期にあります。

One-Point ◆ 獅子宮の初盤に象意を持つ人ほどそういえますし、自分らしい才能や個性を発揮された新しい分野や職業への進出となる人生期なので、新たなスキルや向上は必要不可欠です。

《 6.乙女宮 = Sign Virgo 》

乙女宮に象意を持つ人は、ほかに生まれもつ「運勢サイン(宮)」をのぞいて単純に乙女宮のみをみれば、複雑で、自制心や見識、またほんものの実力など、総合的に真価が問われる時期になっています。
たとえば、やる気をもって夢を描かれたとしても、観念的ではなく、強い情動や自意識をもたれていたとしても、現実をとらえてクールで、なおかつ高潔な人格や内面性をもたれて、四方八方を比較検討できれば地歩を築ける時期です。
ただ通常は、そんな完成形に近い人は少なく、ほとんどの場合、成長途上なので、要は、そういったご自身をめざしていく時期にされるとよいということです。

One-Point ◆ 乙女宮全体をみた場合、そういう複雑さがありますが、初盤に象意を持つ人は、独自の個性や才能を発揮されて、着々と地固めをされていくことが可能な時期になっています。

*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することが可能です。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2018 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.