宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮
―新・西洋占星術=宝瓶宮占星学―
第2章:星のディレクション

No.737 / 2021.06.14 〜 06.27

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「天秤宮〜魚宮」にも該当する方は、「今週の運勢2/天秤宮〜魚宮」をご覧ください。



Rainy Season & Summer Sandals


●隔週土曜日に更新予定です。
※2021年 6月12日アップ

今週の傾向と星の動き

全体傾向 ◆ 今週は流れが変わったり変化が起きやすいかもしれません。
 また、恋愛幻想や衝動が強まるかたがいる一方で、ストイックを強いられる人もいて三者三様の今週です。
星の動き ◆ 今週は、21日の昼12時半頃に太陽が蟹宮に入宮します。
同日、木星が魚宮2度で逆行に転じます。
23日に水星が双子宮16度で順行に戻ります。
26日に海王星が魚宮23度で逆行に転じます。
翌27日に金星が獅子宮に入宮です。
太陽は金星と三分(トライン=120度)です。
金星は山羊宮の冥王星と衝(オポジション=180度)で、これに海王星が調停(メディエーション=60/120/180度)の座相を投げかけます。
双子宮のドラゴン・ヘッドと射手宮のドラゴン・テールに水瓶宮の土星と獅子宮の火星が調停(60/120/180度)の座相を投げかけます。
土星は水星と三分(120度)で、牡牛宮の天王星&ケレスの合(コンジャンクション=0度)と矩(スクエア=90度)です。
月は今週、蟹宮28度〜水瓶宮14度をトランシットします。

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
オーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

【気ままなブログ】
宝瓶宮占星学のクオリアルな観点からの過去・現在・未来のホロスコープ

ホロスコープや占星学、時事問題、日本の原点などの記事がメインです。

《 1.牡羊宮 = Sign Aries 》

「牡羊宮」に象意を持つ人は、生まれもつ象意ポイントや「ホロスコープ」(出生天球図)の状態によって三者三様に運勢が異なる今週です。
ふだんのように“勢い”でもって走れないかたが多い運勢期にあって、とくに後半(15度〜)に象意を持つ人をメインに、妄想だけならともかく、“色恋感情”にヘタに走ると、あとで恥をかくことも起こりかねません。
一方、前半(〜14度)に象意を持つ人をメインに、全体的にも“やる気”など気持ちはあっても“行動”にうつしづらいなど、どこかじれったく“隔靴掻痒”(かっかそうよう)でジレンマがちな今週になるかもしれません。

One-Point ◆ 要は、後半に象意を持つ人は恋愛や異性問題に気をつけるときで、前半に象意を持つ人をふくめ、ご自分の内面性や精神面などをシビアにコントロールされるとよいときです。

《 2.牡牛宮 = Sign Taurus 》

「牡牛宮」に象意を持つ人は、仕事や対外的な社会活動でご活躍できるかたが多い一方で、少なからずジレンマをかかえる今週かもしれません。
それが“悪い”というのではなく、牡牛宮に象意を持つ多くのかたが自分自身との間にギャップやスタンスの違いを感じられて、仕事運はあっても、今ひとつ自分自身が乗りきれないなど動きづらさを感じそうだからです。
それを、どのようにとらえるかは人それぞれですが、周囲の状況と自分自身との“ギャップ”や“ジレンマ”のなかから、“個性”を見出したり、逆に“無個性”を見出すなど、新たな自分や生き方を拓くことが可能です。

One-Point ◆ 実際には、今すぐではなくとも近い将来だたりしますが、今はご自身を根本から見つめなおされるなどされつつ、“ポテンシャル”(潜在能力)を高めておくとよいでしょう。

《 3.双子宮 = Sign Gemini 》

「双子宮」に象意を持つ人は、観念的にとらえることを避けられて、誤魔化すことなくクールに“自分自身”や、昨今の“ご自分の現状”をいろいろとご確認されてみられるのによいときです。
自分自身を“つくり直す”、また“リメイク”するというと、人によっては少し違うかもしれませんが、“チューンナップ”(高性能化、現実適合化)といった時期です。
仕事や対外的な社会活動においては、才能発揮のご活躍期になる一方で、“恋愛妄想”や“勘違い”また衝動的な“倫ならぬご関係”など恋愛や異性問題に、ご注意が必要な時期になっています。

One-Point ◆ 独りよがりの願望や妄想に流されず、充分にクールであればジレンマや葛藤を抱えつつもストイックにセーブが可能なので、その点では理性より情動過多に要注意の今週です。

《 4.蟹宮 = Sign Canser 》

「蟹宮」に象意を持つ人は、対人関係や顧客との関係など周囲に影響を受けやすい今週になりそうです。
そうであっても、今週の蟹宮は、多少の課題や問題があっても我知らずとも気にされなかったり、「何とかとかなる」となんとなくでも思っていたり、マイペースというか、気ままな今週になるかたも多いでしょう。
それはそれで、楽しまれればいいのですが、後半(15度〜)に象意を持つ人をメインに恋愛衝動や恋愛幻想が強まりやすく、よくも悪しくも状況によっては、“不定見”な異性関係にご注意が必要なときになっています。

One-Point ◆ その点では、冷静に相手や現実をみた恋愛や異性関係をされるとよく、自分自身をはじめ、異性を“美化”しやすい今週なので、実際とのギャップが後日、問題になりかねません。

《 5.獅子宮 = Sign Leo 》

「獅子宮」に象意を持つ人は、人によっては多少のタイムラグやズレがありますが、おおむね“パワフル”な今週です。
基本的に、前向きで持ち前の明るさを発揮しやすいときで、“恋愛幻想”に陥るのは人それぞれながら、週がすすむほどに人気運が高まったり、異性への強い衝動を感じられるかたもいるでしょう。
獅子宮の前半(〜14度)に象意を持つ人をメインに気力が高まってアクティブになられるのはよいのですが、ヘタをするとカラ元気だったり、周囲や現実とのギャップを感じることにもなりそうです。

One-Point ◆ ふつうはそうですが、実力や見識があるハイレベルなかたの場合は、“パワフル”に現状打破を図って、新たな職種へ挑戦やポテンシャル(潜在力)を高めていくことができます。

《 6.乙女宮 = Sign Virgo 》

「乙女宮」に象意を持つ人は、相変わらずお仕事や対外的な社会活動の分野で、個性(キャラ)や優れたスキルを発揮されて、ご活躍また社会的な地位向上が可能な今週また昨今です。
そういったときでもあり、組織のTOPレベルの人物との出会いや関係性を結びやすい今週で、なかには、誤解半分ながら異性を“美化”してとらえたり、“モデル”や“セレブ”とかかわることもありえるかもしれません。
もっとも、もともと現実重視で完璧主義的なかたも多いので、慎重であれば今週は“幻想”は抱きにくいか、抱いてもアクションには至らないでしょう。

One-Point ◆ 人のふり見て我がふり直せではありませんが、仕事や社会活動をはじめ対人関係が相応に華やかな今週なので、逆にご自分の“実状”をシビアにチェックされるのもよいでしょう。


*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することが可能です。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2021 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.