宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

今週の運勢1/牡羊宮〜乙女宮
―新・西洋占星術=宝瓶宮占星学―
星のディレクション

No.529 / 2017.06.19 〜 07.02

通常3つ程度のサイン(宮)があなたの運勢に影響しています。
太陽サイン(宮)だけでなく、上昇サイン(宮)や、その共鳴星がある運勢サイン(宮)もご高覧ください。
どのサイン(宮)か不明な方は、「運勢を決めるサイン(宮)」をご一読ください。
※「天秤宮〜魚宮」にも該当する方は、「今週の運勢2/天秤宮〜魚宮」をご覧ください。


●隔週土曜日に更新予定です。
※2017年 6月17日アップ

今週の傾向と星の動き

全体傾向 ◆ 今週は恋愛をはじめとした異性関係や、“テロ”にも要注意です。
また風聞やスキャンダルも生じやすいので、妄想はともかく、行動には慎重を要すべきときです。
星の動き ◆ 今週は21日午後1時半頃、太陽が蟹宮に入宮します。「夏至」です。
同日、水星も仲良く蟹宮に入宮します。
牡羊宮の天王星と獅子宮のドラゴン・ヘッドと射手宮の土星は大三角(グランド・トライン=120度×3)で、ドラゴン・ヘッドに水瓶宮のドラゴン・ヘッドが尻尾となったトライン・カイト(60/60/120/120)を形成します。
また土星に双子宮のケレスが尻尾となってトライン・カイト(60/60/120/120)を形成します。
蟹宮の火星と山羊宮の冥王星は衝(オポジション=180度)で、天秤宮の木星が軸となってT矩(Tスクエア=90/90/180)を形成し、今週前半は牡牛宮の金星が調停(メディエーション=60/120/180)の座相をとります。
また金星は、今週後半、軸となってドラゴン・ヘッドとドラゴン・テールとT矩(90/90/180)を形成します。
さらに金星は、冥王星と三分(トライン=120度)です。
魚宮の海王星は、蟹宮の水星と火星また今週後半の太陽と三分(120度)で、太陽&水星&火星は三重合(トリプル・コンジャンクション=0/0/0度)です。
月は今週、牡羊宮11度〜天秤宮29度をトランシットします。

※今週の「ホロスコープ」は、「宝瓶宮占星学とクオリアルな…」に掲載中です。

注) 文中で「今週」という言葉は、表記期間の2週間分をさしています。
※「アスペクトの日本語表記」はこちらをご参照ください。
※ちなみにオーブ(許容度数)は、太陽が10度、それ以外の星は6度を採用しています。

《 1.牡羊宮 = Sign Aries 》

牡羊宮に象意を持つ人は、相応の自制心をもった人でないと、軽々にも安易にも動くと“ケガ”をしやすいときです。
家や自宅で夢や妄想を膨らませたり、芸術的な創作活動やオタクゲームにいそしむぶんはいいのですが、対外的にヘタな行動をとると、スキャンダルまがいの問題や誤解を生じやすい人が比較的ながら多い今週になっています。
もっとも、充分に見識や人徳をそなえていれば、カゲの権力者や院政を敷くようなこともできるときですが、それでもどこか事実誤認をしやすい今週なので、一般的には万端や万全とはなりにくいときだといえます。

One-Point ◆ 基本、今週前後の牡羊宮は、活動休止とまでいかなくても、パワーダウンや休憩モードのときなので、リフレッシュを図り、次の活動や再スタートの計画を練るとよいときです。

《 2.牡牛宮 = Sign Taurus 》

牡牛宮に象意を持つ人は、ごく一部の例外はあるとはいえ、基本的には、今週は自分らしい個性や自意識を発揮していくことが可能なときで、なかには情熱を内に秘めた魅力ゆえに人気が高まる人もいるときです。
生まれもつホロスコープ(出生天球図)によっては、セクシーやアンバランスな魅力を発揮する人がいますので、そのぶん恋愛をはじめとした異性関係の動きが出やすい昨今また今週前半になっています。
ご自身をみても、やる気とパワーダウンとが同時並行的に訪れたり、“忙中閑あり”“閑中忙あり”といった良いのか悪いのかよく分からない状況にもなっていきやすい昨今また今週後半以降だったりします。

One-Point ◆ 牡牛宮の中盤や終盤に象意を持つ人に、上述の傾向は比較的ながら出やすくなっています。一方、初盤に象意を持つ人は、ほかに生まれもつ運勢サイン(宮)もご参照ください。

《 3.双子宮 = Sign Gemini 》

双子宮に象意を持つ人は、よくいえばイメージやビジョンを膨らませて活動できますが、逆にいえば、よくよく自分の実態や周囲の現実をよくみて、言動していくとよいときになっています。
その一方で、ハイレベルな方の場合は、自分の実態や周囲の現実をちゃんと見抜きながら、仕事や社会活動にふさわしいビジョンや企画計画を描いて、自己実現していくことができる今週だといえます。
いずれにしても、成り行きまかせで、安易にことを進めるのは、事故やケガやトラブルのもととなりやすい今週でもありますので、念のためながら、相応の慎重さが必要なときになっています。

One-Point ◆ 逆に、誤魔化すことなくシビアに現実や今後の仕事や社会活動を志向し、個性発揮や人間関係をはかるほど、今の人生期に必要な人生の方向転換を進めていくことができます。

《 4.蟹宮 = Sign Canser 》

蟹宮に象意を持つ人は、良し悪しはともかく、知的なコミュニケーションや情報吸収力また活動力や行動力といったやる気パワーに恵まれる今週また昨今です。
そういったディレクション自体に問題はないのですが、あれこれと想いやビジョンが膨らみ、相応に企画や計画をする場合、念のために、ちゃんと事実や現実にもとづいているか、また誠実さや正確さをもって、真摯に行なおうとしているのかを、しっかりとチェックしていくとよいでしょう。
見識や実力が存分にあれば問題は少ないのですが、自分の感覚や感性のみ、また気分のみで動くと、おおきな誤解や早トチリなど、トラブルを招きやすい今週でもあるからです。

One-Point ◆ 昨今の蟹宮は、前向きで楽観的だったり、気分的だったりするのは悪くはないのですが、だからといって何も考えずに安易に感性だけで行動するのは、“失敗”しやすいときです。

《 5.獅子宮 = Sign Leo 》

獅子宮に象意を持つ人は、生まれもっての人気運がある方やセクシーアピールをもつ方ほど、今週は最大限にその運勢を発揮していくことが可能で、上司の引き立てや周囲の人気を集めやすくなっています。
また、イメージやビジョンや企画やヒラメキなどに恵まれやすく、想像力や創作力を働かせることができる方も多くなりますので、大半の方は、その点でも個性や才能やスキルを残せる今週になります。
ただし「過ぎたるは及ばざるがごとし」もまた一面の事実で、人気運やビジョンを描くはよいのですが、人倫を超えた恋愛関係や過度な異性関係は、ケガや事故の要因にもなる今週です。

One-Point ◆ その点、これまでの自分の言動や人格などの内容レベルが、誤解されることもふくめて、相応に結果としてあらわれるときなので、受け止めて過去を振り返るのもよいでしょう。

《 6.乙女宮 = Sign Virgo 》

乙女宮に象意を持つ人は、全員ではありませんが、基本的には異性関係などで情動が高まる今週で、それとともに相手への誤解をふくめて、恋愛妄想や異性関係が活発化していくときです。
それはそれでよいのですが、問題は自分自身のスタンスにあるケースが多く、なんとなくでも課題や問題含みとなりやすいのは、ぬぐいきれない今週の運勢なので、よくよく相手の選別やその応対は重要になります。
良し悪しはともかく、生まれもつ象意ポイントによっては、「気分」や「妄想」また「現実」を交えた異なるディレクションを同時に受けますので、それらを適時適切にバランスをとって発揮していくことが重要になっています。

One-Point ◆ 乙女宮らしいスキルの発揮や個性の発揮、さらには活動等は、いずれにしてもできる今週ですが、要は、それらを事実誤認をせずに、地に足をつけて誠実に行なえるかどうかです。

*ご注意 : ここに書いた内容は、ご参考に留めおきください。不特定多数を対象にした「星のディレクション」をリーディングしたものなので、個々の出生日時によっては、時期や内容や範囲に個人差が生じます。また、今週の運勢単位では、個人の強い意志は、星のディレクションを超えて作用することが可能です。



【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2017 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.