宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代のアストロロジー―

構成要素のすべてを学ぶ
[基本の基 #02]
― 星と12サイン(宮)だけでなく ―

HOME奥義講座 Complete ver. > #02 構成要素のすべてを学ぶ

12ハウス(室)と12アスペクトを含めたフルスペック

●第1稿 : 2022年 8月 4日アップ


「奥義講座のための基本の基(き)」の第2回めです。

「あなたは〇〇座生まれね」(太陽)と(誤って)言うときの「12サイン(宮)」と「星」だけを読んでも“幻想”しかみえてきません。

ここで“幻想”といっていますのは、一見、事実のようにみえるものの現実存在ではなく、一部を象わしたものという意味です。

なぜなら、星や12サイン(宮)だけでなく、「12ハウス(室)」や「12アスペクト」を含めてホロスコープ全体を「12プラネット」とともにリーディングしなければ、現実の個人はみえてこないためです。

ホロスコープ

《 フル・コンポーネントの本意 》

さて、「奥義講座のための基本の基(き)」の#01「誤解されるホロスコープ」の結論は次のようなものでした。

「ホロスコープ・マスター奥義講座」では、「基本三数」による4大占星要素のご説明とともに、以上の内実をしっかりとお伝えしてまいります。

“以上の内実”というのは何だったのか振り返っておきましょう。

重要なことは、そんな12サイン(宮)に偏重したホロスコープを「無意識」に使い続けていくと、知らないうちにズレた解釈になっていきます。

12ハウス(室)が意識にのぼらなくなったり、アスペクトが部分的になるなど、サイン(宮)や星に偏ったホロスコープ解釈になってまいります。

詳細は、基本の基#01をご参照ください。

One-Point ◆ 占星術関係者ご自身が気づいていない重要なポイントです。ですが、宝瓶宮占星学からはよく見えます。そのため、奥義講座では宇宙の根幹法則「基本三数」からフルスペックで本意(ほんとうの象意)をお伝えしてまいります。ご心配はいりません。


《 4種類のコンポーネント 》

例えて申し上げますが色の三原色はご存じだと思います。

パソコン・プリンターなどで、フルカラーで印刷しようとするとき、色の三原色に黒を加えた「3色+1色」の4つのインクを使わないと正しく再現することができません。

ホロスコープ

ホロスコープ・リーディングも同様です。

4種類のコンポーネント(components=構成要素:占星要素)のすべてを、欠けることなく用いないと正しくリーディングすることができないのです。

1、12サイン(宮)…春分点を起点に黄道を30度ずつに12等分したものです。

2、12ハウス(室)…占星地からみて天空を30度ずつに12等分したものです。

3、12アスペクト(位相、座相)…基本三数と数理法則に基づいた12種類のアスペクトをいいます。

4、12プラネット(星)…十大惑星(メインプラネット)にケレスとドラゴンヘッド&ドラゴンテールを加えた12個です。

One-Point ◆ 「数理法則」から原則をお伝えするため象意解釈は難しくはありません。個別要素のすべてが12個になっているのは、「宇宙森羅の最小象徴数」は“12”だからです。ホロスコープも12数で構成されていますので、現実宇宙の象意を学ぶことができます。


《 現代占星術での体験談 》

若いころ、ホロスコープに興味を持って西洋占星術(現代占星術)を学びました。

学んでいくほどに困ったことになりました。

古典占星術からの伝統的な解釈や象意研究の歴史がある「12サイン(宮)」は、信頼できる著者の西洋占星術本では満足できる内容でした。

ところが、12ハウス(室)を学ぼうとしたとき、解釈されたもの自体が少ないし、内容はボロボロで当時はまったく使い物になりませんでした。

アスペクトも同様で、一部を除いてマイナー・アスペクトはもちろん、単独アスペクトが組み合わさったアスペクト・パターンも大半が使えなかったのです。

ましてや、吉座相や凶座相といった解釈は間違いというしかありません。

また、当時は象意も定まっていない小惑星をあれやこれやと用いるなど、混迷していることを痛感いたしました。

One-Point ◆ 誰かが「占星術はもう一度、一から再構築され直さなければならない」と言っていたとおりでした。まさかそれを「基本三数」の発見によって、宝瓶宮占星学として稚拙ながら「ホロスコープ・マスター奥義講座」でお伝えするようになるとは思いもよりませんでした。


《 ホロスコープ・マスター 》

12サイン(宮)や星だけではなく、全コンポーネントを学ばなければ意味がありません。

12

12ハウス(室)も12アスペクトも12プラネットも、「基本三数」(配列法則)による宇宙この世界の現実に沿った実際の本意(ほんとうの象意)から論理的にご理解できるのです。

ホロスコープ自体の象意構造も含めてです。

ご理解いただきたいのは、ホロスコープの構成要素のすべてを用いて、組み合わせ、リーディングしなければ全体像は見えないことです。

でも、「数理法則」の12数理を知れば簡単です。

実際には、ホロスコープを隅々までリーディングすればいいのですが非効率です。

全体の共鳴関係をみて取捨選択し、特徴を抽出するリーディング・ポイントを見抜く共鳴リーディングで、十分に通用するホロスコープ・リーディングが可能です。

One-Point ◆ 印刷においてもCMYKのうち2色程度しか使わなければ、フルカラーでの再現はできないのと同じです。「基本三数」はCMYKで、「数理法則」は12色の色相環に例えられますので、その展開によって、いろんなホロスコープが画期的にリーディングできるようになります。


《 歴史的な価値ある快挙 》

「基本三数」による解釈は、膨大な象意を丸暗記する必要がないのでラクです。

であっても「12サイン(宮)や12ハウス(室)ってナニ?」や、「アスペクトやメインプラネット(十大惑星)の区別ができない」といった、基礎から学ばなければならないまったくの初心者にはむずかしいでしょう。

逆にいえば、深く現代占星術に触れていないかたや初学者は、ホロスコープを簡便に解き明かせる「基本三数」を学んで、当たり前のようにお感じになるかもしれません。

約2,000年ぶり、いえ歴史的な快挙だということに、あまりピンとこないでしょう。

それでいいんです。

「コロンブスの卵」ではありませんが、ヘンに誤って占星術の固定観念がないほうが、スンナリと受け入れられたりご理解できることがあるのです。

ホロスコープをフル・コンポーネントながら「基本三数」(数理法則)によって論理的に学ぶことができますので時短モードでのご理解ができます。

One-Point ◆ 初学者のかたは、「基本三数」から既存の象意解釈を照らし合わせてみられると、どれが正しい象意解釈なのか見抜けるようになります。また、「数理法則」の応用展開に際して慣れるまでは、占星術をご参考にご自身の頭で考えてみられるのもホロスコープ・マスターへの近道です。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2022 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.