宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代のアストロロジー―

誤解されるホロスコープ
[基本の基 #01]
― 正しいMC=南中点の位置 ―

HOME奥義講座 Complete ver. > #01 誤解されるホロスコープ

宇宙の事実に即した実際の現実的なホロスコープ

●第1稿 : 2022年 7月28日アップ


奥義講座のための基本の基(き)です。

初回は、すべての基本となるホロスコープの作成についてです。

お使いの「ホロスコープ作成ソフト」の設定は、デフォルトで正しいのでしょうか?

もし間違っていれば、そのあとの解釈や占断、またリーディングのすべてが意味のないものになってしまいます。

ここでは、基本に立ち返ってご説明をしてまいりたいと存じます。

「ホロスコープ・マスター奥義講座」の前提です。

《 正解のホロスコープはどれ? 》

次の3つのホロスコープをご高覧ください。

正しいホロスコープはどれでしょうか。

ホロスコープ

左端の「A」はよく見かけるホロスコープですが間違いです。

デザインは、「ホロスコープ作成ソフト」によってそれぞれありますが、デフォルト(初期値、初期設定)で出力されたものはだいたいこのタイプです。

実践的なホロスコープをネットで検索すると、だいたいこのタイプのものが、それぞれのデザインでアップされています。

ですが、「ホロスコープ作成ソフト」が普及したのちに広まった誤ったものです。

正しいホロスコープは「B」もしくは「C」だからです。

「B」のホロスコープは、「A」をハウスホイールで出力しなおしたもので、「C」は見やすいように「B」をハンドメイドで作成しなおしたものです。

One-Point ◆ 上掲のホロスコープは、シンプルな機能重視のデザインですが、プロ・ユースといっても過言ではない英語版のフリーソフト「ASTROLOG」です。オープン・ソースなので、いろんなかたがチェックしていて、修正やバージョンアップが繰り返された多機能なソフトです。


《 本物と偽物はどこが違う」 》

「A」と「B」(または「C」)の違いは、ひとことで言えば、MC(Medium Coeli:メディウム・コエリ=南中点)の位置です。

MC=南中点というのは、俗にいう「天頂」のことで、別名:ミッドヘブンと呼ばれることがあります。

なぜ、MC=南中点の位置が重要なのでしょうか。

日本でよく使われているプラシーダス・ハウスシステムにせよ、コッホ・ハウスシステムにせよ、レジオモンタナス・ハウスシステムにせよ、キャンパナス・ハウスシステムにせよ、「ハウスシステム」は、ASC(Ascendant:アセンダント=上昇点)とMC=南中点を基準にして、12ハウス(室)を決定しているためです。

そのため、MC=南中点が正しくないと、ハウス(室)そのものが間違ってしまいます。

太陽の通り道である「黄道」は、日本では天頂にかかることはありません。

地上からみると、黄道は1日のうちに上下左右に位置を変えて移動しており、その移動範囲は約46・6度の幅があります。

One-Point ◆ 地球の自転軸は23・3度傾いています。そのため地上から黄道を見ると、時間によって大なり小なり楕円状に歪んで見えます。黄道が移動していくそのゾーンの中を、太陽や月や惑星はきれいな半円形を描いて進んでいます。
※ → 奥義講座「基礎資料」図8ご参照。
※黄道の上下約8度の幅をもった黄道帯(zodiac)のお話ではありません。


《 実際の「天頂」の位置 》




天文学において天頂といえば、頭の真上で地表に対して直角90度の位置になります。

地球上のどこにいて生まれようと、天頂は真上で地表に対して垂直です。

北緯35度の明石市をはじめ日本の場合、赤道に最も近い北緯24度の石垣島といえども、ギリギリながら黄道が天頂を通ることはありません。

そのため、星の動きと配置を写しとったホロスコープは、天頂の真南の黄道上を天頂の代理としてMC=南中点と呼んでいます。

MC=南中点と、その正反対に位置するIC=北中点の軸は、東の地平線上のASC=上昇点と、西の地平線上のDES=下降点の水平軸に対して、直角90度で交わることになります。

「ホロスコープ作成ソフト」のデフォルト設定は、そのようになっておらず、事実と異なるために間違っているのです。

One-Point ◆ 現実と異なれば、もはや本来のホロスコープではありません。空の星の配置を忠実に写しとったホロスコープを解釈しリーディングするのがアストロロジーです。さらには、占星術のはずなのですが、どうやら間違っていることにさえ気づいていないようです。


《 利便性に伴なう戦慄の弊害 》

パソコンの普及によって「ホロスコープ作成ソフト」は生まれました。

パソコンが普及しはじめたのは、1990年代中頃のWindows95あたりからです。

専門知識を必要とせずに、出生データさえ打ち込めば誰でもホロスコープを手にすることができるようになりました。

便利になったのですが、ホロスコープの基礎を知らない人が増えて、昨今ではデフォルトで出力されたホロスコープが正しいと思っている占星師もいらっしゃるようです。

戦慄が走りました。

もはや現代占星術はそこまで堕落し、現実離れしたオカルトチックなものになりつつあるのかと…。

皆さまはそんなことはないと存じます。

One-Point ◆ ちゃんとしたホロスコープはどういうものか、プロであれば知っています。「ホロスコープ作成ソフト」が登場する以前に、専門知識を持たれて手計算でホロスコープを作成しておられたかたならとくにそうです。上述は、近年まれに聞いた“ビックリ”ニュースでした。


《 ハウスシステムを用いる 》

「ホロスコープ作成ソフト」のデフォルト出力は、なぜ間違っているのでしょうか。

「ハウスシステム」を用いながらサイン(宮)で出力しているからです。

当然ですが、ハ・ウ・ス・シ・ス・テ・ムなので、ホロスコープはハウス(室)をメインとしたものでなければなりません。

ところが、「ホロスコープ作成ソフト」はプログラム上の都合もあってか、12サイン(宮)のほうを30度ずつに表示するように設定されているのです。

そのためネットには、いびつなホロスコープが当然かのようにアップされ、出まわっています。

重要なことは、そんな12サイン(宮)に偏重したホロスコープを無意識にでも使い続けていると、知らないうちにズレた解釈になっていくことです。

12ハウス(室)が意識にのぼらなくなったり、アスペクトが部分的になるなど、サイン(宮)や星に偏ったホロスコープ解釈になってまいります。

One-Point ◆ すると、ホロスコープを正しくリーディングできなくなります。もとより現代占星術にはそのような弊害が認められました。「ホロスコープ・マスター奥義講座」では、「基本三数」による4大占星要素のご説明とともに、上記の内実をしっかりとお伝えしてまいります。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2022 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.