宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代のアストロロジー―

蟷螂窺蝉と占星術のお話
[基本の基 #06]
― 理論を伴なうことの重要性 ―

HOME奥義講座 Complete ver. > #06 蟷螂窺蝉と占星術のお話

太陽→ホロスコープ→根幹法則→その次

●第1稿 : 2022年 9月16日アップ


蟷螂窺蝉(とうろうきせん)という四文字熟語があります。

老荘思想に出てくるお話です。

「カマキリ、セミをうかがう」と読み下します。

一度は聞いたことがあるお話だと存じます。

「星占い」と「現代占星術」と本来の「アストロロジー」にも当てはまります。

《 蝉を狙う蟷螂を狙う鵲 》

蟷螂窺蝉(とうろうきせん)というのは、次のようなお話です。

一匹のセミ(蝉)が夏を謳歌しています。

見ると、カマキリ(蟷螂)が葉陰に潜んで、セミを捕食しようとしています。

そのカマキリを捕えようと、カササギが空を飛んでいます。

自分(荘周)はというと、先ほど自分を襲ったそのカササギを射止めようと、矢をつがえて弓を引き絞っているところです。

セミを狙うカマキリも、カマキリを狙うカササギも、目の前の獲物に夢中で、自身の身に迫る危険に気がついていません。

そこで荘周は「ハッ!」と気づきます。

自分も宮中の苑にいて弓矢を持ち、同じような立場に陥っているのではないか。

そう考えて弓矢を投げ捨て、その場から逃げ出した…というお話です。



One-Point ◆ 老荘思想を著した『荘子』の一節です。ゾッとした荘周は、「利と害とは互いに呼び合うのだ」と言うと弓矢を投げ捨て身をひるがえして逃げ出しました。それを禁苑の番人が怪しんで追いかけ、彼を厳しく詮議したと続きます。

《 星占いと占星術は大同小異 》

ご自分の関心がある範囲しか視野に入らない、または話を聞いても理解できない、ということはよくあることです。

身につまされるお話です。

ここでは、「星占い」と「占星術」と本来の「アストロロジー」にたとえて縷々、論旨を展開させていただきます。

太陽サイン(宮)しか用いない星占いを、現代の西洋占星術は子供だましの占いのように見なしているのを聞いたことがあります。

いわく「星占いは太陽星座しか用いないため、一部にすぎず、占星術とは異なり当たらないことがある」といったような内容です。

間違ってはいないのですが、首肯するのも釈然としないものがあります。

なぜなら、現代占星術もまた同様だからです。

ホロスコープを用いてはいるものの「12サイン(宮)」と「星」の解釈に偏重していて、ホロスコープ全体をリーディングできているとはいえないためです。

One-Point ◆ 「アスペクト」の解釈は部分的です。「12ハウス(室)」にいたってはほとんど歯が立っていません。ホロスコープ(出生天球図)を一人の人間としてみたとき、一部でしか占断していないのですから、星占いも占星術も大同小異です。


《 占星術の知られざる陥穽 》

上述に留まるだけではなく、現代占星術にはさらなる根本的な弱点があります。

「ホロスコープ作成ソフト」で出力されたホロスコープは、最新科学に基づいています。

にもかかわらず、いざ解釈を行なう段になると、客観的な科学的論拠がなく、個々人の主観的解釈に頼らざるをえないという末恐ろしい状態があるのです。

結果、非科学的な占い留まらざるをえず、正しいかどうか分からない過去の象意解釈をご参考にして、今日も明日も占断を繰り返さざるをえない状況に陥っていることに気づいていません。

今後、何十年が経っても、客観的理論がない現状では、主観的な解釈でもって占断をし続けるしかなく、延々と試行錯誤していくことになります。

One-Point ◆ 疑似科学とされた古代ギリシャの古典理論を捨てて、19世紀後半にはじまったのが現代占星術です。海王星の初期の象意に基づきますので、「いつかは当たるようになる」と“まだ見ぬ理想”を抱き続けるしかないのです。

《 本来のアストロロジー 》

さて、冒頭の「蟷螂窺蝉」からみますと、本来の「アストロロジー」とはいえ他人事ではありません。

それはあとで触れるとして、客観的な科学的論拠を持つのが本来のアストロロジー(Astrology)です。

「アストロ」(Astro)=星、天体+「ロジー」(-logy)=〜論、〜学、〜科学ゆえに、アストロロジーという言葉には、どこにも占いという意味は含まれていません。

では、どのような科学的な論拠が、本来のアストロロジーにはあるというのでしょうか。

「物理科学」がその理論になることはありえません。

なぜなら、物理科学がアンタッチャブルとする精神意識や心理面を含めて、ホロスコープ・リーディングは行なわれるためです。

もっとも、その一方で最先端科学の「量子論」がようやく扉を開きつつある“波”の分野、たとえば時空を超えた見えざる波動共鳴などの関係性は、大きなヒントをもたらします。

そのような共鳴関係論にかかわる宇宙の根幹法則が客観的な論拠としてあるためです。

One-Point ◆ 量子論(量子力学)では、量子は“粒”であり“波”であるとされます。さらには「量子もつれ」などから分かるように、時空を超えた共鳴関係が量子間に内包されています。ホロスコープの論拠もこれに類似します。

《 根幹法則の次にあるもの 》

ズバリ申し上げます。

宇宙の根幹法則「基本三数」がそれです。

「基本三数」またその展開である「数理法則」の12数理によって、ホロスコープの12サイン(宮)、12ハウス(室)、12アスペクト(座相)、そして12プラネット(星)すべての象意が規定され、解釈が可能になっています。

加えて“ホロスコープ自体”の基本三数構造また象意構造が明らかにされます。

そのため「基本三数」をホロスコープに適用させていくことで、“マスター・キー”のように、すべての秘密の扉を開いていくことができます。

ご理解いただきたいのは、世界に2つと同じものがないホロスコープです。

その意味は、過去の誰かのホロスコープに適応させた複雑多岐な象意解釈が、必ずしもほかの誰かのホロスコープにそのまま適合するとはかぎりません。

結局、宇宙の客観的な論拠から自由自在に応用展開できる本意(基本の象意、ほんとうの象意)を持たなければならないという事実があることです。

One-Point ◆ 蟷螂窺蝉から申し上げますと、本来の「アストロロジー」もさらに広い視野から自身を客観視して、単なる理論に留まらないようにすることです。そのヒントは「奥義講座」の最後にご説明を差し上げています。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2022 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.