宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しいアストロロジー―

星の象意を見抜く法則
[根本命題]
― 共鳴リーディングの理由 ―

ホロスコープは地上を知る宇宙解読装置

●2022年 9月22日アップ。


ホロスコープからなぜ個性や相性や運勢といった地上のことが分かるのか?

占いであればご自由ですが、科学的なアストロロジーを標榜するのであれば、押さえておく必要があります。

とくに、ホロスコープをご自分でも納得できるよう、理論的にご理解されたいというかたにはご一考の価値があるでしょう。

実在の宇宙と地上世界がどのようにかかわっているのか。

ご自由にお考えいただいていいのですが、ホロスコープが“解読装置”としてリーディングが可能な超科学的な根拠の考察です。

《 双魚宮時代の物理科学 》

常識的にお考えいただきたいと思います。

「空の星から、なぜ地上のことがわかるのか?」

古来から言われる根本命題です。

この解答を見出せなければ、ホロスコープ・リーディングは占いに留まります。

僭越ですが、宝瓶宮時代のアストロロジー「宝瓶星学」通称:宝瓶宮占星学では、解答を見出して講座などでお伝えしています。

さて、近代科学は信仰を排して、「なぜ?」と問いかけてきました。

しかし、中世カトリックの手前もあって信仰面すなわち客観的な検証ができない心理面はアンタッチャブル(不可触)として、物理科学として発展してきた経緯があります。

One-Point ◆ 客観的に事実を解明してきたゆえに、物理科学は学校教育や社会の基軸ともなっています。ですが、人間も宇宙も物質だけで成り立っているわけではないため、物理偏重の弊害が散見できるのも事実です。


《 正しいホロスコープ 》

ホロスコープは、地上から見た太陽系の星の動きや配置を忠実に写しとって、個人や出来事との関係性をリーディングするものです。

ここで、まずは星の「動き」(1数)と「配置」(2数)と地上との「関係性」(3数)をみるものであることをご確認ください。

これらは「1数=時間」「2数=空間」「3数=人間(関係)」の「基本三数」から成り立っています。

両者は、実在の宇宙とは切っても切り離せない関係にあるからです。

といったことから上述の根本命題の解答は、現実の宇宙のなかに見出すことができます。

地上の個人や出来事をリーディングするものですが、地上に根因となる解答はなく、太陽系や星が実在する宇宙のなかにあります。

One-Point ◆ 重要なのは、地上との「関係性」が物理的なものではないことです。古典力学(ニュートン力学)などの物理科学で解き明かすことは不可能で、時空を越えた共鳴関係を明らかにしなければ見えてこないのです。


《 現実の法則「基本三数」 》




宇宙太陽系の星を忠実に写しとったホロスコープゆえに、その論拠や象意は実在の宇宙から見出すことができます。

また、地上との関係性は、時空を越えた未知なる超越的なエネルギーが作用していると考えなければなりません。

かつて、古代の人々が創作した神話や星たちをつなげて想像した星座に論拠を見出そうとしたことは、近代科学以前は仕方がないことでした。

ですが今日では、科学的なアプローチが必要です。

たとえば、宇宙この世界には「光の三原色」などのように、これ以上は分けられない根本の三要素から成り立っているという事実があります。

いくつかあるのですが集約的にいえば、「基本三数」が宇宙の根幹法則にあるということです。

One-Point ◆ ホロスコープも同様です。「基本三数」から成り立っていて、さらにいえば基本三数が基本三数展開された「数理法則」の12数から構成されています。宇宙を包含する時空を越えた根幹法則になっています。


《 宇宙森羅の最小象徴数=12数 》

「基本三数」の根因を含めた詳細な解説は、当サイトの講座でお伝えしていますので、ここでは省略せざるをえません。

注目すべきは、宇宙この世界で「基本三数」によらないものは何一つないということです。

宇宙はもちろん人生のすべてにつらぬかれています。

ホロスコープを作成するための出生データをみても、「基本三数」によって、「1数=時間」生年月日や出生時間、「2数=空間」出生地、「3数=人間(関係)」ご本人、あるいはイベント(出来事)の三数になっています。

その「基本三数」をベースとして展開された「数理法則」の12数によって成り立つのがホロスコープです。

そのため「基本三数」(数理法則)による本意(ほんとうの象意)によって、リーディングが可能になっているのです。

One-Point ◆ 古代ギリシャの四角いホロスコープから、古典占星術を経て、今日の丸いホロスコープになった経緯があります。それをさらに完璧なものにして、解釈を可能にするのが「基本三数」(数理法則)です。


《 受信器&解読装置 》

さて、ホロスコープで用いる星の動きや存在の背後には、見えざる「エネルギー宇宙」があります。

宇宙この世界は、物質だけではなく、量子論でいう「波動性」と「粒状性」を併せもっていて、重なり合い、「共鳴関係」によって成り立っているためです。

たとえば、見えない電波をキャッチして、音声や映像化する、ラジオやテレビなど受信器を思い浮かべていただきたく存じます。

見えない電波をキャッチして、音声や映像化するラジオやテレビなど受信器をご想像ください。

ホロスコープはそれと同じです。

「基本三数」(数理法則)によって正しくチューニングをすれば、イメージ変換ができるようになっています。

第三者に伝える場合は、その象意イメージを言語化する“翻訳”という人為的なプロセスが必要になります。

One-Point ◆ 物理的な対立二元論ではなく、時空を超越した共鳴関係論によって水平思考をすれば、ご理解いただけるのではないでしょうか。古典力学(ニュートン力学)の世界だけでなく、過去の常識を超えた量子論(量子力学)の超越世界が、宇宙にも地上にもあるためです。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2022 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.