宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代のアストロロジー―

時代の分水嶺に立つ日本
[2023年の転換期]
― 過去は明日まで続かない ―

HOME近未来予測 新時代編 > 時代の分水嶺に立つ日本

世界を牽引する日本かそれとも亡国か

●第1稿 2022年 9月18日 アップ。


何気にお気づきのかたもいらっしゃると存じます。

新しい時代の到来がすぐそこに迫っています。

古い社会通念や常識の時代の終わりがはじまっているのです。

今後は人類が体験したことのない新しい文明の社会へと漸次、変わっていくことになります。

日本の興亡盛衰を決する分水嶺の四半世紀が、いよいよ来年2023年を運命の皮切りとして迎えていくことになります。

《 転換期に立つ日本 》

個人的には楽観視していますが、人類歴史は日本をはじめ世界的な重要な転換期を迎えています。

ここにおいて日本および日本人は、明暗を左右していく重大ポジションに位置し、今後、自国のみならず世界にも影響を与えていくことになります。

世界の模範として栄えていく日本か、それとも亡国に向かうのか、その瀬戸際に置かれているといっても、過言とはいえません。

急激にそうなるとは思えませんが、日本の“天運”が試される時代に突入しはじめています。

宝瓶宮時代の新しいアストロロジー通称:宝瓶宮占星学によって、運勢変化や歴史変化を象わす「星のディレクション」を詳細にみていくとそういえます。

One-Point ◆ ウソかマコトか、以下、記述いたします日本の「天運」や「星のディレクション」(運勢変化、歴史変化)から、ご自由にご賢察ください。建国以来、日本が有してきた天運から必然的にそうなっていくのです。


《 人類歴史の奇跡 》

世界の歴史学者の間で、日本は“奇跡の国家”だと言われています。

なぜなら、『日本書紀』でいえば、建国以来2千6百年余、変わることなく続いている国家だからです。

実際の歴史をみましても、『日本書紀』の編纂が命じられ、万世一系の皇統が第40代天武(てんむ)天皇によって定められた7世紀以降、約1,600年間も同一の国家として続いているのは人類歴史の中で日本しかありません。

そのような国体維持の要になってきたのが万世一系の天皇にあることは、内外の識者が認めるところです。

相応の紆余曲折はみられるものの、天皇ゆえの平和であり天運となっているためです。

One-Point ◆ そういった事由があることから、日本の平和を乱して転覆支配を狙う反日国家や左翼思想家は、天皇制の廃止、それが無理なら万世一系に風穴を開けようと女系天皇容認をもくろんでいるのはご存じのとおりでしょう。

《 日本の発展は天運に一因 》




神代(かみよ)を含めて古代史を記した『日本書紀』をはじめ、その後の日本の実際の歴史の変遷をひもとくと、宇宙の根幹法則「基本三数」に当てはまります。

不思議なことに、要所要所において「基本三数」にもとづいた歴史の推移や出来事が見られるのです。

東京での「日本龍体特別トークイベント」にご参列された一部のかたはご存じのとおりでしょう。

ホロスコープの根本構造ともなっている「基本三数」は、宇宙この世界をつらぬく根幹法則になっています。

それゆえ、「基本三数」にもとづいた歴史的推移を有する日本は、大宇宙同様に永続性や発展性を伴なう国家であることが分かります。

別の表現をいたしますと、天運を持つのです。

そのことは、宝瓶宮時代の新しいアストロロジーからみましても、日本の“民族性”は魚宮で象徴され、“国体”は水瓶宮によって象徴される国家であることから、うなずかざるをえないものになっています。

One-Point ◆ 詳細は、当サイトの「日本は何座宮?」をご参照ください。魚宮の“民族性”と水瓶宮の“国体”によって、これまで約2,160年間(計算値)の双魚宮時代はもちろん、宝瓶宮時代に向かう流れに沿っているからです。

《 星のディレクションの論拠 》

さて、現在また今後21世紀の第2期四半世紀におけるメインの「星のディレクション」をご紹介いたします。

その前に「星のディレクション」とは何なのか、簡単にご説明を差し上げます。

オカルトチックな現代占星術の「未来予測」とは少々異なります。

たとえば、時計の針を読むことによって、現在が何時何分何秒というように、時間の推移である“時刻”が分かります。

同様に、宇宙の根幹法則「基本三数」にもとづいて、物質宇宙の背後にある時空を超越した見えない“宇宙波動エネルギー”を、宇宙太陽系の星の動きと配置を“時計の針”のようにリーディングをしていくと、人類歴史の推移が「星のディレクション」として相応に分かります。

One-Point ◆ ご納得されにくいかたは、最先端科学の「量子もつれ」(Quantum Entanglement)にみられる時空を超えた共鳴的な関係性をご参照ください。一対の量子の間に、時空を超えて瞬時に作用する働きが科学的にも確認されています。

《 現在のメイン・ディレクション 》

歴史的に重要な「星のディレクション」をもたらす「土星外惑星」(トランス・サタニアン=冥王星、海王星、天王星)の動きは現在、次のとおりです。

「冥王星」は、日本の“国体”を象徴する水瓶宮の影響圏をトランシット(運行)し、「海王星」は、日本の“民族性”を象わす魚宮をトランシットしています。

また、水瓶宮や宝瓶宮時代の共鳴星「天王星」は、日本の“現体制”を象徴する牡牛宮をトランシットしています。

土星外惑星のすべてが、日本の民族性、国体、現体制を象徴する3つのサイン(宮)にかかわり重要な星のディレクションをもたらしている現在です。

さらに、海王星は来年2023年3月に魚宮25度を超えて「双魚宮時代のリバイバル」のディレクションを一段落させると、替わって「新しい霊性意識の覚醒」(目覚め)のディレクションをうながすようになっていきます。

同月、トランシットの土星が魚宮に入宮するため、古い時代が終わり現実化がもたらされていき、時代への“分水嶺”となることがリーディングできます。

One-Point ◆ 日本および日本人をターゲットとする「星のディレクション」であることがお分かりいただけると存じます。私たちがどのような「深層の精神意識」(霊性、深層心理)を備え、国家として道を選択していくかで日本と世界の命運に影響をもたらしていくようになります。


《 ちょこっとディレクション解説 》

宝瓶宮時代に向かう双魚宮時代の歴史の流れのなかにあって、天運によって守られ恵まれてきたのが日本です。

ところが今日、宝瓶宮時代の実際的なスタートを前に、その真価と責務が問われるときに至りました。

宝瓶宮時代の精神意識「友愛精神(和、絆、民度)を心の深奥に培っていくことができれば、世界の模範となるリーダー国家として繁栄の21世紀また宝瓶宮時代を迎えていくことができます。

もし逆であれば、天運を失って“どん底”に落ちていくことになりかねません。

事実、2019年以降、天王星は「日常生活の変化」のディレクションをもたらし、一方、その天王星が共鳴する水瓶宮の影響圏には、昨年12月から冥王星が正式にトランシットをしはじめて宝瓶宮時代に向けた「深層の精神意識の変革」のディレクションを投げかけはじめました。

海王星はというと、支配/被支配といった古い「対立二元論」を一時的に復活させる「双魚宮時代のリバイバル」のディレクションの最期のピークのときにあって、宗教や夢見る時代からの脱却を“反面教師”としてうながしている最中です。

One-Point ◆ 過去の常識や社会通念が今後も続いていくことにはならないのです。今年2022年を助走として、来年2023年以降は、気づく気づかないにかかわらず、前人未到の社会へと漸次、流れを変えていく“分水嶺”のときだからです。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2022 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.