宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

宝瓶宮時代を生きる星講座
単発講座「水星編-水瓶宮」
― パイロット版 ―

次元上昇した宝瓶宮時代の生き方と星の新解釈

●2021年12月30日アップ

「宝瓶宮時代を生きる星講座」のご案内です。

水星の「水瓶宮」入宮にともなうタイムリーな「星講座」の「パイロット版」をアップいたします。

単発の講座です。

「宝瓶宮時代を生き抜くため」の貴重なアドバイスや次元上昇した象意の解説など、他にない内容がメインになります。

《 当記事は「パイロット版」です 》

「宝瓶宮時代を生きる星講座」は、「水星編-水瓶宮」を2月1日前後にお届けいたします。

トランシット(運行)の「水星」が、各サイン(宮)に入宮するさいの講座で、ホロスコープを一回りした1年後は、次の「金星編」を開催予定です。

「水星」は、2022年1月2日に「水瓶宮」に入宮します。

その後、逆行によって山羊宮に戻ったあと、再入(正式入宮)は、2月15日です。

そこで、「パイロット版」として「星講座」水星-水瓶宮のご紹介を行ないます。

One-Point ◆ 1月2日に「水瓶宮」に入宮し、26日に山羊宮に戻り、2月15日に再び「水瓶宮」に入宮する水星のトランシット(運行)ゆえに、「水星編-水瓶宮」のご受講お申込みは26日午前中までになります。その後、2月1日前後にメールにてごお申込みのかたに配信いたします。

《 なぜ「水星編」と「金星編」か 》

「宝瓶宮時代を生きる星講座」は、「水星編」の12サイン(宮)の各講座と、それらをベースにした「金星編」の12サイン(宮)の各講座を予定しています。

単発でのご受講お申し込みとメール配信です。

なぜ「水星」と「金星」なのか、次の2つの理由からです。

一つは、地球の「内惑星」だからです。

内惑星の「金星」「水星」「太陽」は、個人の内面性を象わすためです。

すでに、今年2021年12月に正式に影響圏入りした重要なデレクション「深層の精神意識」にかかわる内面的な象意をもつからです。

もう一つの理由は、深層の「精神意識の変革のデレクション」がもたらす「宝瓶宮時代の実際的なスタート」が、「水瓶宮」にかかわるためです。

「水星」と「金星」は、水瓶宮と同じ「友愛サイン(宮)「双子宮」と「天秤宮」の共鳴星だからです。

One-Point ◆ 「友愛サイン(宮)」は、占星術でいう“風グループ”になります。「共鳴星」は“支配星”のことで、「双子宮」と「天秤宮」は「水瓶宮」とスムーズな象意の関係性を結ぶサイン(宮)になっています。

《 フレキシブルな単発講座 》

「宝瓶宮時代を生きる星講座」(水星編)は、平均して月1回の割合で12回の開催です。

単発なので、希望のサイン(宮)をチョイスしてご受講できます。

開催時期は、地球から見た「水星」の動きによって異なり、時期や間隔が異なります。

水星の動きが早いときは、次のサイン(宮)への間隔が短く、半月程度の場合がある一方で、逆行があれば、次のサイン(宮)への間隔は長くなり、2か月以上開くときがあります。

講座開催の時期やお申込みの締め切りは、「今週の運勢」ページなどでもお知らせ予定です。

いずれにしても、単発の講座なので、お好きなときにフレキシブルに自由にお申し込みいただけます。

One-Point ◆ ちなみに、来年20212年は3回の逆行があります。その際は70日間ほど間隔が開きます。たとえば、1月2日に「水瓶宮」に入宮した水星は、逆行に転じるために、次「魚宮」への入宮は、3月10日になります。「水星編-魚宮」はこの前後の開催予定です。


《 「水星編」の主な内容 》

「宝瓶宮時代を生きる星講座」(水星編)は、次のような内容で行ないます。

1、「水瓶宮」に「水星」を持つ場合の解釈

既存の“占星術”の吉凶解釈ではなく、次元上昇した「ホロスコープ」の解釈をお届けいたします。

2、「水瓶宮」における「水星のデレクションの解説

来年2022年「水瓶宮」をトランシットする「水星」がもたらす「星のデレクション」(運勢変化)をお届けいたします。
水星の場合、若い人を除いて、さほど強いデレクションとはなりません。

3、宝瓶宮時代を生き抜く「知識」や「認識」また「とらえ方」水星編-水瓶宮

「水星」は、個人的な“関係性”をもたらす星です。
トランシットするサイン(宮)に応じて、宝瓶宮時代を生き抜く「知識」や「認識」また「考え方」などをご紹介してまいります。

4、「宝瓶宮時代を生きる星講座」独自のアドバイス

「冥王星」が水瓶宮の影響圏をトランシットしはじめたことによる、今後、個々人が避けては通れない重要なディレクションの深層の「精神意識(霊性、深層心理)の変革」について、毎回、貴重なアドバイスをお届けいたします。

One-Point ◆ 以上は、予定している主な内容です。皆さまのご意見やご感想を反映しつつ、内容が変わっていく場合があります。今後、漸次、現実化していく「深層の精神意識」の変革のデレクション(宇宙波動エネルギーの変化)を超えて、よりよく生き残れる方向でお届けする予定です。


《 参加方法とお申し込み 》

「宝瓶宮時代を生きる星講座」(水星編-水瓶宮)は、正式入宮の半月ほど前、2月1日前後にメール配信の予定です。

「水星」は、1月2日にいったん水瓶宮に入宮したあと、14日に水瓶宮10度で逆行に転じて26日に山羊宮に戻ったあと、2月15日に再入宮します。

第2回「水星編-魚宮」は、魚宮入宮の翌3月10日前後です。

いずれも、各サイン(宮)への入宮の7日〜5日ほど前が締切り予定です。

講座お申し込みフォーム」から、それまでにお申し込みいただけます。

One-Point ◆ ご受講は7,500円(税込)です。ご入金をもって正式のお申し込みとさせていただきます。「宝瓶宮時代」が進んだ将来になるほど、有益で役立つ講座内容になっています。
※メールなので何度でも読み返しが可能です。後日「バックナンバー」をご希望の場合、個人向けに再作業が必要なために申し訳ありませんが1サイン(宮)1万円(税込)で承らせていただきます。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2021 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.