宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

ホロスコープ随感 その4
ホロスコープ究極論
― 「神観」による“信仰” ―

HOMEホロスコープ随感:はじめに > ホロスコープ究極論




ホロスコープ・リーディングの根幹問題

ホロスコープ

●第1稿 : 2021年12月25日アップ

「ホロスコープ究極論」をお届けいたします。

宝瓶宮時代(ほうへいきゅう じだい)の新しいアストロロジー「宝瓶星学」(ほうへい ほしがく)からみた「究極的ホロスコープ論」です。

ホロスコープ・リーディングのノウハウは、次元上昇した宝瓶宮時代の新しい「基礎理論」をベースにした「奥義講座」でお届けしています。
その前提としても、「ホロスコープとは何か?」は、重要です。

《 結局、ホロスコープとは何なの? 》

では、「ホロスコープ」とは何でしょうか。

一緒にお考えください。

技術的なハウツーはさておけば、「宇宙」(太陽系)と「地上」をつなぐ星図(アストロチャート)です。

当然ですね。

宇宙太陽系の「星」(アストロ)の動きや配置から、地上の「人間」や「人類社会」の動きを読みとる「図」(チャート)であり「〜学」(〜ロジー)ですから。

そのリーディングがどこまで可能かはともかくツールとなる星図です。

One-Point ◆ ここには重要な示唆(しさ)があります。ホロスコープの中心、地上の「占星地」(地球)もまた「太陽系惑星」だからです。同時に「人間」や「人類社会」もまた宇宙に発祥した存在だからです。


《 宇宙波動エネルギー 》

このことがわかれば、「ホロスコープとは何か?」その大局がみえてきます。

この大局を、かつての双魚宮時代(そうぎょきゅう じだい)の「対立二元論」で「宇宙」(太陽系)と「地上」(人間)を、まるで対立する別個の存在かのように分けてとらえると、本質がみえなくなります。

逆に、新しい「宝瓶宮時代」(ほうへいきゅう じだい)の「共鳴関係論」でとらえると、“真実”がみえてくるのです。

「星」と「人間」(人類社会)は、見えない世界においてワンクッションおいて共鳴する“関係”にあるためです。

つまり、物理的には別個体ですが、すべては宇宙の一員だという点で共通項の“波動エネルギー”がかかわっているわけです。

One-Point ◆ そのため、直接かワンクッションおく間接かを問わず、必ずなんらかの“共鳴関係”にあります。現代最先端科学では「量子力学」の考えが近いのです。結局、「奥義講座」実際編J「占星要素の共鳴関係論」で述べているとおり、“波動エネルギー”が関係しています。


《 宇宙をつらぬく基本法則 》

お気づきでしょうか?

厳密には“誤訳”といえる“占星術”、また「占星学」をふくめてもいいのですが、「アストロロジー」(Astrology:天体学、星の科学)、また「ホロスコープ」は、結局、「大宇宙と人間」(宇宙この世界)のナゾがとければみえてくるのです。

宝瓶宮時代の新しい宇宙観「数理法則とクオリアル・ワールド」(伝授講座)をご受講されておられる皆さまはすでにお気づきかもしれません。

宇宙この世界は、「基本三数」(ホロスコープでは「数理法則」)によってつらぬかれているためです。

そのため、宇宙太陽系の星の配置を忠実に写しとった「ホロスコープ」もまた、「基本三数」3(4)数ならびに「数理法則」12数によって構成されています。

そのような“マスター・キー”(基礎理論)によって、「ホロスコープ」のすべての秘密の扉を開くことができます。

One-Point ◆ 「基本三数」と「数理法則」の関係は、“基礎”と“展開”という点で同じです。この法則によって「宇宙」はもちろん「ホロスコープ」も、また地球上の「人間」や「人類社会」も根本的につらぬかれているという点が重要です。


《 双魚宮時代の神観 》

さて、お話は大詰めに入ります。

双魚宮時代(およそ、BC191〜1989)を築いた西洋文明は、「神が宇宙や人間=創造物また被造世界を創った」と教えてきました。

代表的にはユダヤ教やキリスト教ですが、『聖書』(旧約聖書)にそう書いているからです。

一方、東洋の仏教や大自然を崇拝する神道の日本には、「神」(The GOD=創造神)の概念はありません。

「神」(創造神)は、馴染みのうすい考えなのです。

ですが、欧米では主流です。

現在は「信教の自由」がありますので、どちらでもご自由です。

ただ、双魚宮時代の「神観」は“唯一にして絶対なる創造神”(超越神)ゆえに、人間(人類)は近づくことさえできず、崇めることしかできないとされています。

One-Point ◆ 双魚宮時代の歴史パラダイムは「対立二元論」です。なので、神は“絶対善”であり、人間は“罪人”(つみびと)とまったく別の存在でした。宇宙を創られた「神」は“雲の上の存在”として分離対立してとらえられてきたのです。



●第2期「奥義講座」

※「奥義講座」は、来年2022年春からの第2期の予約お申込みを受け付けています。
ご受講をご予定の方は「鑑定&お問い合わせ」からお問い合わせくださるか、直接「講座お申込みフォーム」からお申し込みください。
ご受講の詳細は、当サイトの「奥義講座」にてお知らせしています

《 宝瓶宮時代の“神観” 》

上述の神観や宗教観のため、双魚宮時代に奈辺で発展した「ホロスコープ」の解釈も、結論的に次のようにいえます。

「ホロスコープは、唯一にして絶対かつ万能の神を冒涜するもの」ととらえるか、逆に、信教の自由によって、ホロスコープそのものを神秘的な立場において、無意識のうちに“信仰”することになります。

しかし、そのような「対立二元論」の双魚宮時代は終わったのです。

もはや、「共鳴関係論」を歴史パラダイムとする新しい宝瓶宮時代がはじまり、漸次、進展しつつあります。

そのため、「ホロスコープ」を無意識ながら“神”や“信仰”の対象とした占星術ではなく、宝瓶宮時代の新しい「共鳴関係論」による自由で対等かつ友愛精神(和、絆、民度)によるホロスコープ解釈の時代がはじまっています。

One-Point ◆ 宝瓶宮時代の“神観”というと、信仰や宗教の時代ではないので語弊が生じます。「宇宙この世界」は、どのように創成されたのか、“宇宙根源”かつ“宇宙集合体”をみれば、すべてのナゾが解けてくるのです。宇宙太陽系の星を写しとったホロスコープの根幹もみえてきます。上述の宇宙この世界の「根本法則」が、「ホロスコープ理論」と重なっているためにそういえます。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2021 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.