宝瓶宮占星学 ―宝瓶宮時代の新しい西洋占星術―

ホロスコープ・リーディング
「実技講座」モニター受講の募集
第2回モニター受講について

HOME > 基礎から学ぶホロスコープ > 「実技講座」モニター受講の募集

宝瓶宮占星学 第2章 実技編 : 実技講座のご案内


●第1稿 : 2019年 7月 1日アップ
●改訂稿 : 2019年 8月11日アップ

「ホロスコープ・リーディング実技講座」のご案内です。
「令和」は“実体”の時代になります。
「宝瓶宮占星学 第2章 実技編」では「実技講座」がはじまります。つきましては、まず「モニター受講」を募集いたします。
対象は、宝瓶宮占星学の基礎理論「数理法則」によるホロスコープ・リーディングをマスターしたい方になります。


《 第2回モニター受講について 》

「宝瓶宮占星学 第2章 実技編」を開始しました。

「実技編」は、ホロスコープ・リーディングができるようになることが目的なので、そのための「実技講座」のご案内です。

「ホロスコープ・リーディング実技講座」の第1回モニター受講の受け付けを2019年(令和元年)7月1日より正式にはじめ、7月中に開始いたしました。

「実技講座」の目的は、宝瓶宮占星学の基礎理論「数理法則」によって「ホロスコープ」を読めるようになることです。

ホロスコープの仕組みを「理論的」にお伝えいたします。

同時に、必要に応じてインタラクティブ(双方向)的に応答しながら進めるケースも想定し準備してまいりますので、結果的に、だれもがホロスコープ・リーディングの「基礎」から「実践」また「応用展開」までできるようになることが目的の講座となります。

進め方や講座内容は決まっています。

ですが、いろんなレベルの方がご受講されると存じますので、“個別対応”が必要となる細かな部分は、初期の段階においては模索や修正が必要な可能性が出るのではないかと考えています。

なので、「モニター受講」として開講いたしました。

そのぶん、講座料金は、最終的に予定しているの3分の1程度の価格ではじめ、回をおうごとにプライスアップをしてまいります。

モニター受講の特典といたしましては、第2回また第3回講座以降に追加された内容があれば、適時それをまとめて、後日、無料でお伝えしてまいります。
なので、最終的には完成版とほぼ同等の「テキスト」を受けとれることになります。

「実技講座」(モニター受講)は、基本的にメールやPDFなどのテキストでのやりとりになりますが、必要に応じて、たとえば「スカイプ」や「メッセンジャー」などの対話による応答も将来的には考えています。

ということで、「実技講座」第2回モニター受講をご希望の方の「お問い合せ」また「お申し込み」(予約)を開始いたしております。


One-Point ◆ 「ホロスコープ・リーディング実技講座」は、ブログ「宝瓶宮時代のクオリアルな…」で予定をお伝えし、7月1日の正式の受け付け前から複数の方からのお申し込みをいただき、7月中に講座を開始いたしました。引き続き、第2回「モニター受講」の「予約」をはじめさせていただきます。(年内の遅くなりすぎない時期が開始予定です)




《 モニター受講の概要 》

主な受講の流れ
1、「基礎理論」(数理法則)をベースとしたホロスコープ・リーディングのテキスト。
2、基礎となるかんたんものから本格的なものへ「リーディング課題」の出題と演習。
3、上述の「リーディング課題」への回答や不明な箇所のご質問などの質疑応答。
4、納得のいく「ホロスコープ・リーディング」の“エトセトラ”。
※「修了認定書」や「講師資格」また「リーディング・サポート」なども考えています。

開始時期
2019年内の遅くなりすぎない時期を予定。

受講期間
モニターをしながらゆえ半年から1年間ほどになります。

モニター受講料金
8万円(税込)…将来的な受講価格は3倍弱になる予定なので今ならお得です。
※開講回数がすすむにつれて講座料金は予定の金額に近づけてまいります。

第2回受講特典
第3回講座以降に追加された内容を適時、無料提供(アフターケア)。

お申し込みお問い合せ
「宝瓶宮占星学」サイトの「講座 お申し込みフォーム」からお申し込みできます。

講座 お申し込みフォーム
http://www.aqast.net/od-form/od-form.html


One-Point ◆ 以前、リーディング(鑑定)のご依頼をされた方、また『入門講座』のご購読者や「伝授講座」ご受講者の方は、その際の直メールでの「お問い合せ」また「お申し込み」でもかまいません。




【↑上に戻る】

※当ページの内容は著作権法により保護されております。無断使用はご容赦お願い申し上げます。

Copyright(C) 2005-2019 Aquariun Astrology - Seiji Mitoma All rights reserved.